沖縄県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

沖縄県の自然と歴史

九州・沖縄エリア

美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジは、沖縄県北谷町美浜にあるリゾート地区

美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジ(みはまタウンリゾート・アメリカンビレッジ)は、沖縄県北谷町美浜にあるリゾート地区。アメリカ合衆国の雰囲気を模したショッピング、エンターテイメントエリア。2003年における年間来客数は延べ830万人にのぼった。
九州・沖縄エリア

海中道路(かいちゅうどうろ)は沖縄県うるま市にある道路

海中道路は沖縄県うるま市にある道路。沖縄県道10号伊計平良川線の一部分であり、勝連半島(与勝半島)から平安座島を結ぶ5.2 kmの道路である。沖縄本島と離島との間に横たわる海のなかを、橋ではなく堤防上の道路(土手道)として造られており、船舶航行のための橋1か所と潮流確保のための水路2か所が設けられている
2021.04.28
九州・沖縄エリア

東平安名岬は、沖縄県宮古島市城辺字保良に位置し、太平洋及び東シナ海に面する岬

東平安名岬は、沖縄県宮古島市城辺字保良に位置し、太平洋及び東シナ海に面する岬。北緯24度43分7秒、東経125度28分9秒。宮古島の南東端で、同島を代表する観光地。東平安名崎とも書く。 主に沖縄方言で東のことを「あがり(太陽が上がる)」と呼ぶことから、「あがりへんなざき」とも読む。
2021.04.28
九州・沖縄エリア

斎場御嶽(せーふぁーうたき/サイハノうたき)は沖縄県南城市知念にある史跡

斎場御嶽は沖縄県南城市知念にある史跡。15世紀-16世紀の琉球王国・尚真王時代の御嶽であるとされる。「せーふぁ」は「最高位」を意味し、「斎場御嶽」は「最高の御嶽」ほどの意味となり、これは通称である。正式な神名は「君ガ嶽、主ガ嶽ノイビ」という。
2021.04.30
九州・沖縄エリア

首里城(しゅりじょう、沖縄方言: スイグシク)は、琉球王国中山首里(現:沖縄県那覇市)にあり、かつて海外貿易の拠点であった那覇港を見下ろす丘陵地にあったグスク(御城)の城趾

首里城(しゅりじょう、沖縄方言:スイグシク)は、琉球王国中山首里(現:沖縄県那覇市)にあり、かつて海外貿易の拠点であった那覇港を見下ろす丘陵地にあったグスク(御城)の城趾である。 現在は国営沖縄記念公園の首里城地区(通称・首里城公園...
2021.04.30
スポンサーリンク