福岡県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

福岡県の自然と歴史

九州・沖縄エリア

小倉城(こくらじょう)は、福岡県北九州市小倉北区にある日本の城

1569年(永禄12年)、中国地方の毛利氏が城を築いたことから始まり、高橋鑑種や毛利勝信が居城した。1602年から細川忠興が約7年かけて唐造の天守閣を築城し、細川氏の熊本転封の後、1632年に譜代大名である小笠原忠真が入城し、以後幕末まで小笠原氏が居城した。
九州・沖縄エリア

博多どんたく(はかたどんたく)は福岡県福岡市で毎年5月3日と5月4日に開催される祭

博多どんたくは福岡県福岡市で毎年5月3日と5月4日に開催される祭りである。動員数は200万人を越え、動員数で国内最大級の祭である。また博多祇園山笠、筥崎宮放生会とともに福岡博多を代表する祭りの一つとして、またゴールデンウィークの代表的な催物の一つとして知られている。
2021.04.28
九州・沖縄エリア

宗像大社(むなかたたいしゃ)は福岡県宗像市に在る神社

宗像大社(むなかたたいしゃ)は福岡県宗像市に在る神社。式内社(名神大社)、八神郡の一つ。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。日本各地に七千余ある宗像神社、厳島神社、および宗像三女神を祀る神社の総本社である。
2021.04.28
九州・沖縄エリア

沖ノ島(おきのしま)は、福岡県宗像市に属する、九州本土から約60キロメートル離れた玄界灘の真っ只中に浮かぶ周囲4キロメートルの島

沖ノ島は、福岡県宗像市に属する、九州本土から約60キロメートル離れた玄界灘の真っ只中に浮かぶ周囲4キロメートルの島。宗像大社の神領(御神体島)で、沖津宮が鎮座する。 2017年(平成29年)、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の構成資産の一つとして、ユネスコにより世界文化遺産に登録された。
2021.04.30
九州・沖縄エリア

三井三池炭鉱(みついみいけたんこう)は、福岡県大牟田市・三池郡高田町(現・みやま市)及び熊本県荒尾市に坑口を持っていた炭鉱

三井三池炭鉱(みついみいけたんこう)は、福岡県大牟田市・三池郡高田町(現・みやま市)及び熊本県荒尾市に坑口を持っていた炭鉱である。江戸時代から採掘が行われてきたが、1889年、三井財閥に払下げられた。日本の近代化を支えてきた存在であったが...
2021.04.30
スポンサーリンク