京都府の美景

京都府の美景

小天橋(しょうてんきょう)は、京都府京丹後市久美浜町湊宮の砂州

青松と白砂の美しい景観が1987年(昭和62年)に日本の松の緑を守る会によって日本の白砂青松100選に選ばれるとともに、トウテイランなど貴重な海浜植物の宝庫であることから1993年(平成5年)には「京都の自然200選」にも選出され、保護活動が行われている。
京都府の美景

かやぶきの里・北村(かやぶきのさと きたむら)は、京都府南丹市美山町北にある山村集落

集落内の住宅は山麓の傾斜地を整地して建てられており、宅地正面には石垣を築く。現存している茅葺き屋根の家屋の多くが江戸時代中頃から末期にかけて建てられたものであり、「北山型民家」に分類される。丈の高い入母屋造の屋根と神社の千木のような飾りが特色である。
京都府の美景

賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)は、京都市北区にある神社

賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)は、京都市北区にある神社。通称は上賀茂神社(かみがもじんじゃ)。式内社(名神大社)、山城国一宮、二十二社(上七社)の一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。
京都府の美景

清水寺(きよみずでら)は、京都市東山区清水にある北法相宗の大本山

清水寺(きよみずでら)は、京都市東山区清水にある北法相宗の大本山。山号は音羽山。正式には音羽山清水寺(おんわさんきよみずでら)と号する。清水寺は法相宗(南都六宗の1つ)系の寺院で、広隆寺、鞍馬寺とともに、平安京遷都以前からの歴史をもつ京都では数少ない寺院の1つである。
京都府の美景

五山送り火(ござんのおくりび)は、毎年8月16日に京都府京都市左京区にある如意ヶ嶽(大文字山)などで行われるかがり火

五山送り火(ござんのおくりび)は、毎年8月16日に京都府京都市左京区にある如意ヶ嶽(大文字山)などで行われるかがり火。宗教・歴史的な背景から「大文字の送り火」と呼ばれることがある。
京都府の美景

かやぶきの里・北村(かやぶきのさと きたむら)は、京都府南丹市美山町北にある山村集落

かやぶきの里・北村(かやぶきのさと きたむら)は、京都府南丹市美山町北にある山村集落。今では珍しくなった茅葺き屋根の家屋がここには数多く残っている。1993年(平成5年)、周囲の水田と山林を含む集落全体127.5ヘクタールが、国の重要伝統的建造物群保存地区として選定された。
2021.06.15