兵庫県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

兵庫県の自然と歴史

兵庫県の自然と歴史

家島十景(いえしまじっけい)は、瀬戸内海の家島諸島(兵庫県姫路市)にある10の景勝地の総称

家島十景(いえしまじっけい)は、瀬戸内海の家島諸島(兵庫県姫路市)にある10の景勝地の総称である。播磨国の史家平野庸脩が1762年に著した地誌『播磨鑑』において、七言絶句の漢詩を付して記した家島諸島の旧跡群に基づいて定められたとされる。
兵庫県の自然と歴史

竹田城は、現在の兵庫県朝来市和田山町竹田にあった日本の城(山城)

国の史跡に指定されている。また城下から遥か高く見上げる山の頂に位置し、しばしば円山川の川霧により霞むことから、「天空の城」や「日本のマチュピチュ」とも呼ばれる。雲海に浮かび上がる古城の累々たる石垣群の威容は、名物ともなっている。
2021.04.19
兵庫県の自然と歴史

兵庫県の自然・一乗寺(いちじょうじ)

一乗寺(いちじょうじ)は、兵庫県加西市にある天台宗の寺院。山号は法華山、本尊は聖観音菩薩である。西国三十三所第26番札所。国宝の三重塔は平安時代後期を代表する和様建築の塔であり、国内屈指の古塔である。境内は、春は桜、秋は紅葉の名所としても知られている
2021.04.19
兵庫県の自然と歴史

但馬御火浦は、兵庫県美方郡香美町と新温泉町にある、香住海岸西端の伊笹岬から浜坂海岸東端の観音山の間の約8キロメートルの岩礁海岸

但馬御火浦(たじまみほのうら)は、兵庫県美方郡香美町と新温泉町にある、香住海岸西端の伊笹岬から浜坂海岸東端の観音山の間の約8キロメートルの岩礁海岸。御火浦という地名は、漁火に由来するとされる。1934年に国の名勝及び天然記念物に指定されている。
2021.04.19
兵庫県の自然と歴史

姫路城(ひめじじょう)は、兵庫県姫路市にある日本の城

姫路城(ひめじじょう)は、兵庫県姫路市にある日本の城。江戸時代初期に建てられた天守や櫓等の主要建築物が現存し、国宝や重要文化財に指定されている。また、主郭部を含む中堀の内側は「姫路城跡」として国の特別史跡に指定されている。また、ユネスコの...
2021.04.19
スポンサーリンク