東京都の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

東京都の自然と歴史

東京都の自然と歴史

高尾山(たかおさん)は、東京都八王子市にある標高599mの山

関東山地の東縁に位置する山のひとつ。明治の森高尾国定公園に指定されており、キャンプやバーベキュー、植物の採取、鳥類の捕獲などが禁止されている。 2020年に東京都内で初めて 「霊気満山 高尾山〜人々の祈りが紡ぐ桑都(そうと)物語〜」として文化庁が認定する「日本遺産」に認定された
東京都の自然と歴史

小石川後楽園(こいしかわこうらくえん)は、東京都文京区後楽一丁目にある都立庭園

小石川後楽園(こいしかわこうらくえん)は、東京都文京区後楽一丁目にある都立庭園。江戸時代初期に水戸徳川家の江戸上屋敷内につくられた築山泉水回遊式の日本庭園(大名庭園)である。国の特別史跡及び特別名勝に指定されている。
2021.04.17
東京都の自然と歴史

江戸城(えどじょう)は、武蔵国豊嶋郡江戸(現在の東京都千代田区千代田)にあった日本の城

江戸城(えどじょう)は、武蔵国豊嶋郡江戸(現在の東京都千代田区千代田)にあった日本の城である。 江城(こうじょう)および千代田城(ちよだじょう)が別名として知られているが、江戸時代に広く一般に用いられたのは「江城」であったという。
2021.04.17
東京都の自然と歴史

父島列島(ちちじまれっとう)は、小笠原諸島にある、父島、兄島、弟島、および、その周辺の島嶼から成る列島

父島列島は、小笠原諸島にある、父島、兄島、弟島、および、その周辺の島嶼から成る列島。父島は人口が2,000人ほどで小笠原村の中心をなしているが、それ以外の島はすべて無人島になっている。 世界遺産「小笠原諸島」には21件の構成資産のうち7件が父島列島に含まれている。
2021.04.17
スポンサーリンク