栃木県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

栃木県の自然と歴史

栃木県の自然と歴史

仏教経典の1つである華厳経から名づけられたといわれる・華厳滝(けごんのたき)

男体山の噴火によってせき止められた中禅寺湖からの地表を流れる、唯一の流出口大谷川に存在する。落差97mの滝を一気に流れ落ちる様子は、日本三名瀑のひとつにも数えられている。1931年には国の名勝に、2007年には日本の地質百選に選定された(「華厳の滝」)。
栃木県の自然と歴史

日光東照宮は、日本の関東地方北部、栃木県日光市に所在する神社

日光東照宮(にっこうとうしょうぐう)は、日本の関東地方北部、栃木県日光市に所在する神社。江戸幕府初代将軍・徳川家康を神格化した東照大権現(とうしょうだいごんげん)を主祭神として祀る。日本全国の東照宮の総本社的存在である。
2021.04.17
栃木県の自然と歴史

大谷の奇岩群・御止山・越路岩は、栃木県宇都宮市大谷町・田下町にある日本国指定名勝

大谷の奇岩群・御止山・越路岩は、栃木県宇都宮市大谷町・田下町にある日本国指定名勝(2006年7月28日指定)である。 大谷寺背後の御止山の区域と、「陸の松島」を代表する奇岩として有名な越路岩の区域を含む大谷の奇岩群は、自然の景勝地として重要な意義を持ち、その観賞上の価値も高い。
2021.04.17
栃木県の自然と歴史

日光杉並木(にっこうすぎなみき)は、日光街道、日光例幣使街道、会津西街道の3街道に跨がるスギの並木道

日光杉並木は、日光街道、日光例幣使街道、会津西街道のうち、旧日光神領内にあたる大沢 - 日光間16.52キロメートル、小倉 - 今市間13.17キロメートル、大桑 - 今市間5.72キロメートルの3区間の両側にスギが植栽された並木道の総称である
2021.04.17
スポンサーリンク