神奈川県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

神奈川県の自然と歴史

神奈川県の自然と歴史

横浜中華街(よこはまちゅうかがい)は、神奈川県横浜市中区山下町一帯に所在するチャイナタウン(中華街)

横浜中華街(よこはまちゅうかがい)は、神奈川県横浜市中区山下町一帯に所在するチャイナタウン(中華街)である。1955年以前は唐人町や南京町と呼ばれていた。華僑の出身地は広東省が比較的多いが、中国各地に分散している。
神奈川県の自然と歴史

横浜みなとみらい21は、神奈川県横浜市の西区と中区にまたがり、横浜港に面している地域

横浜みなとみらい21は、1980年代から現在にかけて整備が進められている計画都市でもある。1989年(平成元年)の横浜博覧会 (YES'89) 以降、当該地区の開発が本格化し、首都圏の新都心として、さいたま新都心と幕張新都心に並び重点的に整備された。都市景観100選受賞地区。
2021.04.17
神奈川県の自然と歴史

箱根 彫刻の森美術館(はこね ちょうこくのもりびじゅつかん)

箱根 彫刻の森美術館(はこね ちょうこくのもりびじゅつかん、英語表記:THE HAKONE OPEN-AIR MUSEUM)は、神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平および木賀にある、野外彫刻を中心とした美術館である。
2021.04.17
神奈川県の自然と歴史

高徳院(こうとくいん)は、神奈川県鎌倉市長谷にある浄土宗の寺院

高徳院は、鎌倉のシンボルともいうべき大仏を本尊とする寺院であるが、開山、開基は不明であり、大仏の造像の経緯についても史料が乏しく、不明な点が多い。寺の草創については、鎌倉市材木座の光明寺奥の院を移建したものが当院だという説もあるが、定かではない。
2021.04.17
スポンサーリンク