茨城県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

茨城県の自然と歴史

茨城県の自然と歴史

国営公園・常陸海浜公園の大草原(芝生広場)・国営ひたち海浜公園

公園の総面積は350haに及んでいる。この面積は東京ディズニーランドの7倍程度の面積にあたるが、実際に公園として利用されているのは南側の191.9ha(開業中の面積)で、全体の約55%に留まっている(2012年5月現在)。
茨城県の自然と歴史

潮来祇園祭禮(いたこぎおんさいれい)は、茨城県潮来市で開催される祭り

潮来祇園祭禮(いたこぎおんさいれい)は、茨城県潮来市で開催される祭りである。元禄年間(1688~1704) 徳川光圀の命により天王山に当神社が遷宮され山車が奉納されたことに始まる。素鵞熊野神社(通称天王様)の例大祭で、祇園祭の一つ
2021.04.17
茨城県の自然と歴史

袋田の滝(ふくろだのたき)は、茨城県久慈郡大子町袋田にある滝

袋田の滝(ふくろだのたき)は、茨城県久慈郡大子町袋田にある滝。位置は、久慈川支流の滝川上流にあたり、長さ120メートル、幅73メートル。冬は「氷瀑」と呼ばれる、滝が凍結する現象が発生することがある。
2021.04.17
茨城県の自然と歴史

筑波山(つくばさん)は、日本の関東地方東部、茨城県つくば市北端にある標高877mの山

筑波山(つくばさん)は、日本の関東地方東部、茨城県つくば市北端にある標高877mの山。筑波山神社の境内地で西側の男体山(標高871m)と東側の女体山(標高877m)からなる。雅称は紫峰(しほう)。筑波嶺(つくばね)とも言い、茨城県のシンボルの一つとされている。
2021.04.17
スポンサーリンク