香川県の美景

香川県の美景

丸亀城(まるがめじょう)は、讃岐国、現在の香川県丸亀市にある日本の城

木型模型(1/650)の現存例は丸亀城のものしかなく非常に珍しい。これは平成4年に丸亀市の指定有形文化財になっている。 大手門と天守が両方とも現存しているのはこの丸亀城と、弘前城と高知城のみである。
香川県の美景

神谷神社(かんだにじんじゃ)は、香川県坂出市にある神社

本殿は造営年代が明らかな流造社殿の中では最古のもので、国宝に指定されている。国宝の社殿を持つ神社ではあるが、境内は比較的小さい。そのほか、重要文化財の木造随身立像などの神宝を現在に伝えている。
香川県の美景

寒霞渓(かんかけい)は、香川県の小豆島にある渓谷。国指定の名勝

寒霞渓(かんかけい)は、香川県の小豆島にある渓谷。国指定の名勝。当地は、大正12年(1923年)3月7日に「神懸山(寒霞渓)」として国の名勝に指定され、また1934年の瀬戸内海国立公園設置の契機となった、大渓谷と海を一望できる景勝地である。
香川県の美景

エンジェルロードは、香川県小豆郡土庄町銀波浦地区にある砂洲

エンジェルロードは、香川県小豆郡土庄町銀波浦地区にある砂洲である。景勝地になっている。あまりにも神秘的な砂浜のため、いつしかエンジェルロードと呼ばれるようになり、ここを手をつないで渡ったカップルは永遠に結ばれると言われているのです。
香川県の美景

鞘橋(さやばし)は、香川県仲多度郡琴平町を流れる金倉川に架かる橋

鞘橋(さやばし)は、香川県仲多度郡琴平町を流れる金倉川に架かる橋。銅ぶき、両妻唐破風(りょうづまからはふう)、上屋根千鳥破風の屋根付橋である。現在では、金刀比羅宮大祭の御神輿の渡御、湖川神事、お田植え祭などの神事のときにのみ用いられ、通常は渡ることができない。