茨城県の美景

茨城県の美景

泉が森(いずみがもり、泉ケ森)は茨城県日立市にある清い泉と泉神社の神域をふくむ総称

泉が森(いずみがもり、泉ケ森)は茨城県日立市にある清い泉と泉神社の神域をふくむ総称。1969年(昭和44年)12月に茨城県指定史跡に指定。泉の湧水は2008年(平成20年)6月に環境省が選定した平成の名水百選に選ばれている。
茨城県の美景

水戸東照宮(みととうしょうぐう)は、茨城県水戸市にある神社

水戸東照宮(みととうしょうぐう)は、茨城県水戸市にある神社である。旧社格は県社で、現在は神社本庁の別表神社。正式名称は東照宮で、一般には「権現さん」と呼ばれている。徳川家康(東照公)を主祭神とし、徳川頼房(威公)を配祀する。
茨城県の美景

袋田の滝(ふくろだのたき)は、茨城県久慈郡大子町袋田にある滝

日本の名勝に指定されている。華厳滝、那智滝とともに日本三大名瀑の一つに挙げられる場合もあり、日本の滝百選にも選定されている。1990年(平成2年)に行われた日本の滝百選の人気投票では1位を取った。
茨城県の美景

筑波山(つくばさん)は、日本の関東地方東部、茨城県つくば市北端にある標高877mの山

筑波山(つくばさん)は、日本の関東地方東部、茨城県つくば市北端にある標高877mの山。筑波山神社の境内地で西側の男体山(標高871m)と東側の女体山(標高877m)からなる。雅称は紫峰(しほう)。筑波嶺(つくばね)とも言い、茨城県のシンボルの一つとされている。
茨城県の美景

花園花貫県立自然公園は、茨城県の北部にある自然公園

花園花貫県立自然公園(はなぞのはなぬきけんりつしぜんこうえん)は、茨城県の北部にある自然公園。多賀山地の山岳部、花園渓谷などの渓谷部、五浦海岸などの海岸部などからなり、指定されている面積は約25,000ヘクタールと県内の自然公園・国定公園のなかで最も広い。
茨城県の美景

国営ひたち海浜公園は、茨城県ひたちなか市にある日本の国営公園

公園の総面積は350haに及んでいる。この面積は東京ディズニーランドの7倍程度の面積にあたるが、実際に公園として利用されているのは南側の191.9ha(開業中の面積)で、全体の約55%に留まっている(2012年5月現在)。
2021.06.15