茨城県の美景 | 日本の歴史と美景

茨城県の美景

茨城県の美景

筑波山(つくばさん)は、日本の関東地方東部、茨城県つくば市北端にある標高877mの山

筑波山(つくばさん)は、日本の関東地方東部、茨城県つくば市北端にある標高877mの山。筑波山神社の境内地で西側の男体山(標高871m)と東側の女体山(標高877m)からなる。雅称は紫峰(しほう)。筑波嶺(つくばね)とも言い、茨城県のシンボルの一つとされている。
茨城県の美景

花園花貫県立自然公園は、茨城県の北部にある自然公園

花園花貫県立自然公園(はなぞのはなぬきけんりつしぜんこうえん)は、茨城県の北部にある自然公園。多賀山地の山岳部、花園渓谷などの渓谷部、五浦海岸などの海岸部などからなり、指定されている面積は約25,000ヘクタールと県内の自然公園・国定公園のなかで最も広い。
茨城県の美景

国営ひたち海浜公園は、茨城県ひたちなか市にある日本の国営公園

公園の総面積は350haに及んでいる。この面積は東京ディズニーランドの7倍程度の面積にあたるが、実際に公園として利用されているのは南側の191.9ha(開業中の面積)で、全体の約55%に留まっている(2012年5月現在)。