兵庫県の美景 | 日本の歴史と美景

兵庫県の美景

兵庫県の美景

生野銀山(いくのぎんざん)は、兵庫県朝来市に開かれていた戦国時代から近代にかけての日本有数の銀山

生野銀山(いくのぎんざん)は、兵庫県朝来市(但馬国)に開かれていた戦国時代から近代にかけての日本有数の銀山である。明治新政府が日本の鉱業(鉱山・製鉱所)の近代化を確立するために最初に官営(直轄)鉱山とした模範鉱山である
兵庫県の美景

香住海岸(かすみかいがん)は、兵庫県美方郡香美町にある岩礁海岸

海岸線は火山岩と水成岩に富む新第三紀の北但層群および堆積岩と火成岩の節理に富む照来層群から成り、これを波が悠久の時をかけて削り、地層地質の違いによる侵食速度の差から現在の複雑な海食崖が連続する絶景を造形した。海食崖が多数ある山陰海岸においても、特に複雑な変化に富んだ区域とされる。