兵庫県の美景

兵庫県の美景

はさかり岩(はさかりいわ)は、兵庫県豊岡市の竹野海岸切浜にある岩

但馬海岸、竹野海岸切浜の波触岩礁地帯の海岸線に位置し、その地質は新第三紀中新世の北但層群(約500万年~200万年前)の辻礫岩層に相当する。その地層に沿って形成された海食洞の天井の岩が落ちて洞側壁の岩に挟まった状態、すなわち洞崩壊の途中の姿を留める奇岩である。
兵庫県の美景

西宮神社(にしのみやじんじゃ)は、兵庫県西宮市社家町にある神社

西宮神社(にしのみやじんじゃ)は、兵庫県西宮市社家町にある神社。日本に約3,500社あるえびす神社の総本社(名称「えびす宮総本社」)である。地元では「西宮のえべっさん」と呼ばれる。なお、戎信仰については、えびすを蛭子と同一視する説の他にもいくつかの説が存在する
兵庫県の美景

赤穂城(あこうじょう)は、兵庫県赤穂市にある日本の城

赤穂城(あこうじょう)は、兵庫県赤穂市にある日本の城。江戸時代は赤穂藩(加里屋藩)主の居城。国の史跡に指定され、本丸庭園と二之丸庭園は名勝に指定されている。別名・加里屋城、大鷹城。日本100名城、日本の歴史公園100選にも選定されている。
兵庫県の美景

一乗寺(いちじょうじ)は、兵庫県加西市にある天台宗の寺院

一乗寺(いちじょうじ)は、兵庫県加西市にある天台宗の寺院。山号は法華山、本尊は聖観音菩薩。西国三十三所第26番札所。国宝の三重塔は平安時代後期を代表する和様建築の塔であり、国内屈指の古塔である。境内は、春は桜、秋は紅葉の名所としても知られている。
兵庫県の美景

生野銀山(いくのぎんざん)は、兵庫県朝来市に開かれていた戦国時代から近代にかけての日本有数の銀山

生野銀山(いくのぎんざん)は、兵庫県朝来市(但馬国)に開かれていた戦国時代から近代にかけての日本有数の銀山である。明治新政府が日本の鉱業(鉱山・製鉱所)の近代化を確立するために最初に官営(直轄)鉱山とした模範鉱山である
兵庫県の美景

香住海岸(かすみかいがん)は、兵庫県美方郡香美町にある岩礁海岸

海岸線は火山岩と水成岩に富む新第三紀の北但層群および堆積岩と火成岩の節理に富む照来層群から成り、これを波が悠久の時をかけて削り、地層地質の違いによる侵食速度の差から現在の複雑な海食崖が連続する絶景を造形した。海食崖が多数ある山陰海岸においても、特に複雑な変化に富んだ区域とされる。