岩手県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

岩手県の自然と歴史

北海道・東北エリア

岩手県岩手郡雫石町と滝沢市にまたがって所在する日本最大の民間総合農場・小岩井農場

1890年(明治23年)11月1日に日本鉄道が東北本線を盛岡駅まで延伸開業した翌年の1891年(明治24年)、日本鉄道会社副社長の小野義眞(おのぎしん)、三菱社社長の岩崎彌之助、鉄道庁長官の井上勝の三名が共同創始者となり3名の姓の頭文字を採り「小岩井」農場と名付けられた。
北海道・東北エリア

馬仙峡(ばせんきょう)は、岩手県二戸市にある景勝地

日本一大きな夫婦岩, 馬淵川中流に位置する県北有数の渓谷で、馬淵川にある仙境という意味合いで、岩手県の初代民選知事である、国分謙吉によって馬仙峡と命名された。男神岩、女神岩、大崩崖、明神ヶ淵などの名所がある。
2021.04.16
北海道・東北エリア

金鶏山(きんけいざん、きんけいさん)は、岩手県西磐井郡平泉町にある山

国の史跡。2011年(平成23年)6月26日、「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」の構成資産の一つとして世界遺産に登録された。2014年3月18日には「おくのほそ道の風景地」の一つとして国の名勝に指定された(10県13か所一括指定されたうちの一つ)。
2021.04.16
北海道・東北エリア

中尊寺(ちゅうそんじ)は、岩手県西磐井郡平泉町にある天台宗東北大本山の寺院

境内は「中尊寺境内」として国の特別史跡に指定されている。2011年(平成23年)6月26日、「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」の構成資産の一つとして世界遺産に登録された。
2021.04.16
スポンサーリンク