北海道の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

北海道の自然と歴史

北海道・東北エリア

旭川冬まつり(あさひかわふゆまつり)は、北海道旭川市で、毎年2月上旬に行われる祭

旭川冬まつり(あさひかわふゆまつり)は、北海道旭川市で、毎年2月上旬に行われる祭である。1960年(昭和35年)に第一回が開催された。北海道を代表する冬のイベントの一つで、さっぽろ雪まつり(約200万人)に次ぐ規模の入場者数(約100万人)を誇る。海外からの観光客も多い。
北海道・東北エリア

昭和新山(しょうわしんざん)は、北海道有珠郡壮瞥町にある火山

昭和新山(しょうわしんざん)は、北海道有珠郡壮瞥町にある火山。支笏洞爺国立公園内にあり、国の「特別天然記念物」に指定されている。また、有珠山とともに「日本の地質百選」に選定され、周辺地域が洞爺湖有珠山ジオパークとして「日本ジオパーク」「世界ジオパーク」に認定されている。
2021.04.16
北海道・東北エリア

マリモは、球状集合体を作ることで知られている淡水性の緑藻の一種

マリモ(毬藻、学名:Aegagropila linnaei)は、球状集合体を作ることで知られている淡水性の緑藻の一種である。多くのマリモは岩などに付着して生活しているが、阿寒湖に生育するマリモは、美しい球状体を作るため日本の特別天然記念物に指定されている。
2021.04.16
北海道・東北エリア

知床(しれとこ)は、日本にある世界遺産登録地域

北海道東部に位置する知床半島は、北半球における流氷の南限とされ、流氷下のアイスアルジー(氷に付着した藻類)や流氷形成時の鉛直混合により作られる栄養塩の豊かな中層水がもたらす植物性のプランクトンの大増殖を基礎とした食物網を通して、多種多様な生物が生息・生育する地域となっている
2021.04.16
スポンサーリンク