福井県の美景

福井県の美景

足羽川桜並木(あすわがわさくらなみき)とは、 福井県福井市中心部を流れる足羽川両岸の桜並木

足羽川桜並木(あすわがわさくらなみき)とは、 福井県福井市中心部を流れる足羽川両岸の桜並木である。福井市が発行するパンフレットや多くの観光ガイドで「日本一の桜並木」と紹介されているが、約600本、全長約2.2kmともに日本一ではない。一つ一つの桜が大木であり、日本一のスケールという意味である。
福井県の美景

越前大仏(えちぜんだいぶつ)は、福井県勝山市の臨済宗妙心寺派の寺院、大師山清大寺にある大仏

越前大仏(えちぜんだいぶつ)は、福井県勝山市の臨済宗妙心寺派の寺院、大師山清大寺にある大仏である。出世大仏ともいう。毘盧舎那如来の大仏。中華人民共和国洛陽市にある龍門奉先寺座像をモデルにしている。像高は17.0m。
福井県の美景

明通寺(みょうつうじ)は、福井県小浜市門前にある真言宗御室派の寺院

本堂と三重塔は、建造物としては福井県内で唯一国宝に指定されている。2015年(平成27年)4月24日、「海と都をつなぐ若狭の往来文化遺産群 - 御食国(みけつくに)若狭と鯖街道 - 」の構成文化財として日本遺産に認定される。
福井県の美景

足羽川桜並木(あすわがわさくらなみき)とは、 福井県福井市中心部を流れる足羽川両岸の桜並木

足羽川桜並木(あすわがわさくらなみき)とは、 福井県福井市中心部を流れる足羽川両岸の桜並木である。福井市が発行するパンフレットや多くの観光ガイドで「日本一の桜並木」と紹介されているが、約600本、全長約2.2kmともに日本一ではない。一つ一つの桜が大木であり、日本一のスケールという意味である。
福井県の美景

蘇洞門(そとも)は、福井県小浜市の内外海半島にある、日本海に面した海岸景勝地

蘇洞門(そとも)は、福井県小浜市の内外海半島にある、日本海に面した海岸景勝地。全長は6キロメートルに及び、一帯には洞門、瀑布、断崖が見られる。1934年(昭和9年)に「若狭蘇洞門」という名称で国の名勝に指定された。1955年(昭和30年)に指定された若狭湾国定公園に含まれる。
福井県の美景

三方五湖(みかたごこ)とは、5つの湖の総称で、国指定の名勝

三方五湖(みかたごこ)とは、5つの湖の総称で、国指定の名勝で、若狭湾国定公園に属する。2005年11月8日付でラムサール条約指定湿地に登録されている。2015年(平成27年)4月24日、「海と都をつなぐ若狭の往来文化遺産群 - 御食国(みけつくに)若狭と鯖街道 - 」の構成文化財として日本遺産に認定される。
2021.06.15