愛媛県の美景

愛媛県の美景

天赦園(てんしゃえん)は、愛媛県宇和島市にある日本庭園

天赦園(てんしゃえん)は、愛媛県宇和島市にある日本庭園。国の名勝に指定されている。文久3年(1863年)に建物等が整備され百歳長寿の大名と云われる7代藩主の伊達宗紀(号は春山 しゅんげん)が移居し「南御殿」と称された後、慶応2年(1866年)に築庭が竣工し、「天赦園」と命名した。
愛媛県の美景

石手寺(いしてじ)は、愛媛県松山市にある真言宗豊山派の寺院

本尊は薬師如来。四国八十八箇所第51番札所。遍路の元祖とされる衛門三郎の再来伝説ゆかりの寺でもある。初詣・厄除詣の参詣者数は県内随一であり、道後温泉から近いため、遍路の他にも、観光客で賑わうことが多く、2009年3月、ミシュランガイド(観光地)日本編において1つ星に選定された。
愛媛県の美景

大三島(おおみしま)は、愛媛県今治市に属する芸予諸島の中の1つの有人島

大三島は島とついているが、地理上の島に由来するわけではなく、各地にある「三島」と由来を同じくする。かつて、三島神社の総本社である大山祇神社のことを「大三島」と呼んでおり、後にそれが島全体を指すようになった。
愛媛県の美景

宇和島城(うわじまじょう)は、四国の愛媛県宇和島市丸之内にあった日本の城

宇和島城(うわじまじょう)は、四国の愛媛県宇和島市丸之内にあった日本の城である。江戸時代は宇和島藩の藩庁となった。城跡は国の史跡に指定されている(1937年(昭和12年)指定)。別名は鶴島城。
愛媛県の美景

大三島(おおみしま)は、愛媛県今治市に属する芸予諸島の中の1つの有人島

大三島(おおみしま)は、愛媛県今治市に属する芸予諸島の中の1つの有人島。愛媛県の最北に位置し、同県に属する島の中では最大である。大山祇神社がある「神の島」として知られている。