秋田県の美景

秋田県の美景

赤水渓谷(あかみずけいこく)は、秋田県北秋田市森吉にある渓谷

通称「天国の散歩道」と言われる。水深は3〜10cmで、大小の甌穴と滝が点在し、玉川温泉や秋田焼山に続く縦走路ともなっている。増水時には歩行が不能で、全域が遊漁禁止区域になっている。
秋田県の美景

大日堂舞楽(だいにちどうぶがく)は、秋田県鹿角市八幡平の大日霊貴神社(=大日堂)に伝わる民俗芸能

718年(養老2年)行基が大日堂再建の折りに舞楽を奉納したのが始まりともいわれるが、創始に関しては不明とされている。大日堂については大日如来に帰依して長者となった「だんぶり長者」の娘が両親を弔うために建てたとの伝説がある。
秋田県の美景

横手城(よこてじょう)は、秋田県横手市城山町にかつて存在した日本の城

本来の横手城に天守はなかったが、太平洋戦争後の昭和40年(1965年)には郷土資料館と展望台を兼ねて二の丸跡に岡崎城をモデルに模擬天守が建設された。この天守は、東北地方における模擬天守の初見である。
秋田県の美景

田沢湖(たざわこ)は、秋田県仙北市にある淡水湖

秋田県の中東部に位置する。円形で直径は約6km、最大深度は423.4mで日本第1位(第二位は支笏湖、第三位は十和田湖)、世界では17番目に深い湖である。世界で最も深い湖であるバイカル湖になぞらえて「日本のバイカル湖」とも呼ばれる。
秋田県の美景

小安峡(おやすきょう)は、秋田県湯沢市にある雄物川支流、皆瀬川上流にある峡谷

小安峡(おやすきょう)は、秋田県湯沢市にある雄物川支流、皆瀬川上流にある峡谷。全長約8kmで、栗駒国定公園に含まれる。ゆざわジオパークのジオサイトに認定されている。 温泉地のすぐ近くには、熱湯と蒸気が噴出する小安峡随一の名所「大噴湯」がある。紅葉をバックにシューっと噴き上がる白い蒸気は迫力満点だ。
秋田県の美景

武家屋敷通り(ぶけやしきどおり)は秋田県仙北市角館町の道路

武家屋敷通り(ぶけやしきどおり)は秋田県仙北市角館町の道路であり、古城山(かつて角館城があった地である)山麓の国道46号から南へ伸びて、かつての侍町である角館の内町を貫く南北方向の通りである。1977年(昭和52年)6月15日秋田魁新報社の新観光秋田三十景の16位に選出されている。
2021.06.15