tiny-saiki-0124 | 日本の歴史と美景

tiny-saiki-0124

新潟県の美景

外海府海岸(そとかいふかいがん)は、新潟県の佐渡市(佐渡島)の北部に位置する海岸

外海府海岸(そとかいふかいがん)は、新潟県の佐渡市(佐渡島)の北部に位置する海岸。両津地区の弾崎から相川地区の尖閣湾まで伸び、約50キロメートルにも及ぶ大規模なものである。佐渡海府海岸として国の名勝にも指定されている。
神奈川県の美景

芦ノ湖(あしのこ)は神奈川県足柄下郡箱根町にある、箱根山のカルデラ湖

湖畔を中心に観光名所やリゾート施設が数多く点在する観光地で、富士山も望める景勝地としても知られている。 近年では毎年正月に開催される東京箱根間往復大学駅伝競走の往路ゴール、復路スタート地点としても知られ、多くの観光客を集める。
東京都の美景

南島(みなみじま)は、東京都・小笠原諸島の父島列島の一部をなす島

父島の南西にある無人島。第三紀由来の典型的な沈水カルスト地形がみられる。かつては常緑低木が生い茂っていたが、ヤギの食害により所々に地面が露出した現在の姿になった。植生回復のため昭和40年代にヤギが駆除され、2003年(平成15年)からは自然保護の観点により観光客の入島に際してルールが定められた。
千葉県の美景

中の島(なかのしま)は、千葉県木更津市の木更津港に浮かぶ人工島

中の島(なかのしま)は、千葉県木更津市の木更津港に浮かぶ人工島である。木更津市を舞台にしたドラマ『木更津キャッツアイ』で一躍有名となった。木更津キャッツアイのヒット等を受け、2010年にNPO法人「地域活性化支援センター」により、中の島大橋が「恋人の聖地」として認定された。
埼玉県の美景

川越(かわごえ)は、武蔵国入間郡の地名

川越(かわごえ)は、武蔵国入間郡の地名。中世には河越とも表記されたが、現在は埼玉県川越で統一されている。城下町として栄え、古くから小江戸と称された。古くからの「川越」は現在の川越市の中心部にあたり、旧町字名では「大字川越」とも呼ばれた。また現在の川越市東部にも大字川越が存在する。
群馬県の美景

碓氷第三橋梁(うすいだいさんきょうりょう)は、群馬県安中市松井田町坂本にある鉄道橋

碓氷第三橋梁(うすいだいさんきょうりょう)は、群馬県安中市松井田町坂本にある鉄道橋。一般には「めがね橋」という名称で知られている。長さ91m、高さ31m、レンガ造りの4連アーチの旧信越本線の鉄道橋。横川〜碓氷峠〜軽井沢の区間には26のトンネルと18の橋梁があり、めがね橋の正式名は碓氷第三橋梁。
栃木県の美景

【恋人の聖地】足利織姫神社|日本夜景遺産にも認定された縁結びの神

ほぼ群馬の栃木県足利市に鎮座する足利織姫神社。 朱色の拝殿が映え、美しい姿を見せてくれます。縁結びの神様として崇められ、多くの参拝客が足を運ぶ人気のパワースポット。恋人の聖地でもあり、年間を通じて夜はライトアップも施される足利織姫神社をご紹介します。
茨城県の美景

筑波山(つくばさん)は、日本の関東地方東部、茨城県つくば市北端にある標高877mの山

筑波山(つくばさん)は、日本の関東地方東部、茨城県つくば市北端にある標高877mの山。筑波山神社の境内地で西側の男体山(標高871m)と東側の女体山(標高877m)からなる。雅称は紫峰(しほう)。筑波嶺(つくばね)とも言い、茨城県のシンボルの一つとされている。
福島県の美景

安達太良山(あだたらやま)は福島県中部にある活火山

安達太良山(あだたらやま)は福島県中部にある活火山である。日本百名山、新日本百名山、花の百名山およびうつくしま百名山に選定されている。山頂には二等三角点「大関平」1699.6m が設置されている。別名は、岳山(だけやま)、安達太郎山
山形県の美景

最上川(もがみがわ)は、山形県を流れる一級河川最上川水系の本川

最上川(もがみがわ)は、山形県を流れる一級河川最上川水系の本川。流路延長229kmは、一つの都府県のみを流域とする河川としては日本国内最長である。流域面積は7,040km2で、山形県の面積の約75%にあたる。日本三大急流の一つである