sizennobi121 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

sizennobi121

栃木県の自然

大谷の奇岩群・御止山・越路岩は、栃木県宇都宮市大谷町・田下町にある日本国指定名勝

大谷の奇岩群・御止山・越路岩は、栃木県宇都宮市大谷町・田下町にある日本国指定名勝(2006年7月28日指定)である。 大谷寺背後の御止山の区域と、「陸の松島」を代表する奇岩として有名な越路岩の区域を含む大谷の奇岩群は、自然の景勝地として重要な意義を持ち、その観賞上の価値も高い。
群馬県の自然

吹割の滝(ふきわれのたき)は、群馬県沼田市にある滝

900万年前に起こった火山の噴火による大規模な火砕流が冷固した溶結凝灰岩が片品川の流れによって侵食されてできたV字谷にかかり、そこに向かって三方から河川が流れ落ちるその姿から「東洋のナイアガラ」と称されている。
埼玉県の自然

川越(かわごえ)は、城下町として栄え、古くから小江戸と称された

川越は、武蔵国入間郡の地名。中世には河越とも表記されたが、現在は埼玉県川越で統一されている。 城下町として栄え、古くから小江戸と称された。古くからの「川越」は現在の川越市の中心部にあたり、旧町字名では「大字川越」とも呼ばれた。また現在の川越市東部にも大字川越が存在する。
スポンサーリンク
千葉県の自然

屏風ヶ浦(びょうぶがうら)は、千葉県銚子市から旭市までの太平洋海岸線に連なる海食崖の景勝地

屏風ヶ浦(びょうぶがうら)は、千葉県銚子市から旭市までの太平洋海岸線に連なる海食崖の景勝地である。国の名勝及び天然記念物に指定され、水郷筑波国定公園に属する。ドーバー海峡にあるホワイト・クリフに似ていることから東洋のドーバーとも称される。
東京都の自然

江戸城(えどじょう)は、武蔵国豊嶋郡江戸(現在の東京都千代田区千代田)にあった日本の城

江戸城(えどじょう)は、武蔵国豊嶋郡江戸(現在の東京都千代田区千代田)にあった日本の城である。 江城(こうじょう)および千代田城(ちよだじょう)が別名として知られているが、江戸時代に広く一般に用いられたのは「江城」であったという。
神奈川県の自然

箱根 彫刻の森美術館(はこね ちょうこくのもりびじゅつかん)

箱根 彫刻の森美術館(はこね ちょうこくのもりびじゅつかん、英語表記:THE HAKONE OPEN-AIR MUSEUM)は、神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平および木賀にある、野外彫刻を中心とした美術館である。
新潟県の自然

萬代橋(ばんだいばし/よろづよばし)は、新潟県新潟市中央区の信濃川に架かる橋

萬代橋は、新潟県新潟市中央区の信濃川に架かる国道7号(重複: 国道8号、国道17号、国道113号、国道350号)の道路橋梁。国の重要文化財に指定されている。新潟市の信濃川に架橋された初めての橋で、1886年(明治19年)に初代が竣工された。
山梨県の自然

河口湖(かわぐちこ)は、本州の中部山梨県、富士山の近くに存在する、富士五湖の1つに数えられる相模川水系の湖

河口湖は、本州の中部山梨県、富士山の近くに存在する、富士五湖の1つで富士箱根伊豆国立公園に指定されている。富士五湖の中で最も長い湖岸線を持ち、最も低い標高地点にある。面積は富士五湖では2番目の大きさで、最大水深は精進湖とほぼ同じで 14.6m の深さ。
長野県の自然

上高地(かみこうち)とは、長野県西部の飛騨山脈南部の梓川上流の景勝地

上高地(かみこうち)とは、長野県西部の飛騨山脈南部の梓川上流の景勝地である。中部山岳国立公園の一部ともなっており、国の文化財(特別名勝・特別天然記念物)に指定されている。標高約1,500m。全域が松本市に属する。
富山県の自然

五箇山(ごかやま)は、富山県の南西端にある南砺市の旧平村、旧上平村

五箇山(ごかやま)は、富山県の南西端にある南砺市の旧平村、旧上平村、旧利賀村を合わせた地域を指す。赤尾谷、上梨谷、下梨谷、小谷、利賀谷の5つの谷からなるので「五箇谷間」となり、これが転じて「五箇山」の地名となった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました