「彼女に刺された」男性死亡 同棲少女逮捕

ソース画像を表示

東京・江戸川区のアパートで、少女(19)が同棲(どうせい)相手を刺したとして、逮捕されました。

警視庁によりますと、9日午後3時半ごろ、江戸川区のアパートに住む男性から「彼女に包丁で刺された」と通報がありました。警察が駆けつけると、佐藤優作さん(25)が腹から血を流した状態でアパートの隣の駐車場にいて、病院に運ばれましたが、死亡しました。

そして、佐藤さんの同棲相手の少女(19)が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。少女は「刺したことに間違いはありません。殺すつもりはなかった」と容疑を否認しているということです。

この記事は今日報じられた記事です。

この手の事件は昔からありました。ただ現在のように斬新ではなかったはず。

この記事によれば、「 少女(19)が同棲(どうせい)相手を刺した 。」

つまり、この二人は一緒に住んでいたわけですから愛情はあったはずです。

それが何かの事情でこの結果になってしまった。

まして、死亡するくらい深くまで刺してしまっています。

本人は、「 「刺したことに間違いはありません。殺すつもりはなかった」と容疑を否認しているということです。 」

たいていこのような事件を起こした後に答える言葉なんです。

何を狂わせてしまったのかわかりませんが、人を刃物で刺すこと事態、尋常なら

出来ないはず、19歳の若い女の子を狂わせてしまった原因は、死亡した25歳の

彼はわかっていたかも知れない。

お互い理解し、強力しあったうえで同棲生活をやっていく必要があるのではないか。

俺はそう思う。

切明温泉・長野県

コメント

タイトルとURLをコピーしました