桂文枝「新婚さんいらっしゃい!」司会引退報道に冷ややかな視線が目立つナゼ

「新婚さんいらっしゃい!」を3月末で退く桂文枝さん(C)日刊ゲンダイ
「新婚さんいらっしゃい!」を3月末で退く桂文枝さん

ネット上の反応はなぜか冷ややかだ。  落語家の桂文枝さん(78)が7日、大阪の朝日放送で会見し、司会を務める人気番組「新婚さんいらっしゃい!」を3月末で退くことを発表した。

 文枝さんは「新婚さん~」の司会を1971年1月31日から始め、2015年7月2日に「同一司会者によるトーク番組の最長放送(44年127日)」としてギネス世界記録に認定された。今も記録は更新中だ。  この日の会見で、文枝さんは「晴れ晴れとした気持ち」と言い、朝日放送に対しても「本当にありがたいの一言です」とコメント。文枝さんの「新婚さん~勇退」のニュースはすぐに報じられ、長寿番組を支えた名ゼリフ「いぁらっしゃぁい」を耳にすることができなくなることを惜しむ声が上がった一方、ネット上で多く見られたのが<遅いよね><引き際を誤った>といった冷めた意見だった。

「文枝さんは2016年2月に写真誌で演歌歌手との20年にわたる不倫関係が報じられ、17年末には日舞の先生との不倫関係も発覚。二度目の報道では、LINEでかわした性的な生々しいやりとりも暴露され、世間を仰天させました。『新婚さん~』は、新婚生活をスタートさせたばかりの初々しい2人が主人公。それなのに繰り返し不倫した司会者が『二人の夜は?どうなん?』なんて聞くのだから、視聴者も『はあ? お前が何言うてんねん』と嫌悪感を抱くのは当たり前でしょう。司会を退く報道に対してネット上で『遅い』などと冷めた反応があるのは、そういう理由だと思います」(在阪放送作家)  すでに文枝さんの後任の人選をめぐって、いろいろな名前が取りざたされているが、文枝さんも「息がぴったり」と話題となった女優の片平なぎささん(62)とコンビを組んでいた頃が絶頂期だったのかもしれない。

  • 広告

この記事は今日報じられた記事です。

記事に書く50年は簡単なことかも知れないが、

一つの番組を半世紀続けるのはけして楽ではないと思う。

その間いろいろスキャンダルもあったようですが、それはそれで、

桂文枝さん を称えても良いのではないでしょうか。

テレビを見ている人が面白くなければ、視聴率が下がり50年も長く続かないと思う。

俺はほとんど見れる時は見ていましたよ。もちろん今日も見ました。

記事の中に、「 司会引退報道にネット上の反応はなぜか冷ややかだ。」とありますが、

これはこれで良いのではないか。見ている人が皆 桂文枝さん のファンではないだろうし。

「2015年7月2日に「同一司会者によるトーク番組の最長放送(44年127日)」としてギネス世界記録に認定された。」 これだけでも大きな置き土産になるのではないか。

とにかく、お疲れさまでした。今後は本業で頑張って頂きたいと思います。

俺はそう思う。

伊香保温泉・群馬県

コメント

タイトルとURLをコピーしました