林家三平が「笑点」卒業、座布団10枚達成ならずも最後は一番高い位置に

ソース画像を表示

落語家の林家三平(51)が26日、5年半にわたってレギュラーを務めた日本テレビ系お笑い番組「笑点」(日曜午後5時30分)を卒業した。

最後の大喜利のお題は「三平さんに贈る言葉」。ほかのメンバーが答えた後、三平自ら「先輩方、この5年半、楽しかったでした。ありがとうございました」と感謝。「父親じゃないですけど、どうもすいません、じゃなくて、どうもありがとう!」と額にこぶしを当てる先代の持ちネタをもじって笑わせた。 最後のあいさつでは感謝の思いを述べ「この三平、これから武者修行に出かけて、立派な体になって、戻ってきます。それでは行って参ります!」と力強く宣言した。三平が今まで一度もできなかった「座布団10枚達成」は9枚までいくも、成功とはならなかった。しかし、司会春風亭昇太が他メンバーの座布団回収を指令。「10枚達成はなりませんでしたけど、最後の大喜利は三平さんが座布団一番多かったということで」と説明し、一番高いところに座る三平の笑顔が写し出された。

三平は、昇太が桂歌丸さんに代わって司会になったことに伴い、番組50周年にあたる16年5月から「笑点」に出演。今月19日の番組内で卒業を明かしていた。

この記事は、今日報じられた記事です。

ご存じのように、昨日放送された笑点で 林家三平 さんが番組を卒業しました。

これは、自ら望んで卒業したわけではないと思う。

5年半のレギュラー出演で座布団を10枚取ることが出来なかった。

ただこれだけの理由でいわゆる、首ならおかしな事になる。

まだ若いと言っても、51歳ですよ。けして若くないです。

周りのメンバーは大のベテランで、弟子を持つ師匠たち。

ただ、たい平さんは、師匠のこん平さんが病になって代わりにメンバーになっていて、

やはりもちまいのキャラが人気を呼んでいる。

林家三平 さんはちょっと堅かったように思えたな。

また自分の力でお笑いを磨いて戻ってもらいたいものです。頑張れ三平。

俺はそう思う。

鳴子温泉(なるこおんせん)> 中山平温泉(なかやまだいらおんせん)・宮城県

コメント

タイトルとURLをコピーしました