中国は「理不尽な弾圧」と反発 米上院が輸入禁止法

中国は「理不尽な弾圧」と反発 米上院が輸入禁止法

アメリカ議会上院が新疆ウイグル自治区からの輸入を全面的に禁じる法案を可決したことに対し、中国外務省は「理不尽な弾圧」だと反発しました。

 中国外務省は17日の会見で「アメリカは様々な口実をでっち上げ、輸出規制を濫用し、中国企業を理不尽に弾圧し、手段を選ばなくなっている」と反発しました。

 そのうえで「中国は強い不満と断固たる反対を表明する」として「あらゆる措置を講じ中国企業の利益を守る」と強調しました。

 アメリカ議会上院は16日、新疆ウイグル自治区で作られた製品を強制労働によるものとみなし、輸入を全面的に禁止しました。

 また、アメリカ財務省は中国企業8社についてアメリカ国民による投資を禁じる対象に加えると発表しています。

この記事は昨日のものです。

ますます睨めっこの状態が続く、アメリカと中国。

アメリカにはアメリカの意地があり、中国には中国の意地がある。

今や世界のトップを狙う中国、対して今まで世界のトップで走り続けてきたアメリカ。

今は、アメリカの脅しは通用しないのか。

怖い物知らずで、自国の利益ばかりを考えている中国。

この先この世界はどうなるのか大きな問題です。

国や人種が違えど同じ人間だ。

国に金になる資源やいろんな能力を持っている国は多くない。

中国は確かに大きく伸びている。しかし、一人一人の生活はいかがだろうか。

俺が言うまでもないが、世界から嫌われ者にならないように各国と

付き合ってほしいものだ。

俺はそう思う。

鹿教湯温泉(かけゆおんせん)・長野県

コメント

タイトルとURLをコピーしました