東京・江東区の事故 10人ケガ、2人搬送

ニュース画像

9日午後、東京・江東区の清澄白河駅近くで、80代の男性が運転する乗用車とスクールバスなど5台が絡む事故があり、児童4人を含む10人がケガをしました。

警視庁などによりますと、9日午後4時20分ごろ、江東区三好の清澄通りで、インターナショナルスクールのバスと乗用車など、あわせて5台が絡む事故がありました。

この事故で、バスに乗っていた児童4人を含む10人がケガをし、このうち乗用車の運転手の男性と、同乗していた80代の女性が病院に搬送されましたが、いずれも軽傷だということです。警視庁が事故の状況などを詳しく調べています。

この記事は今日の夕方に報じられた記事です。

また起きてしまった高齢者ドライバーの交通事故。

記事によると、「 9日午後4時20分ごろ、江東区三好の清澄通りで、インターナショナルスクールのバスと乗用車など、あわせて5台が絡む事故がありました 」と言うことです。

内容は、「 路上駐車していた軽ワゴン車に80代の男性が運転する乗用車がぶつかり、軽ワゴン車が横転。その後、乗用車がバスに追突するなどしたということです 」

普通の感覚で運転してしていれば、起きなくてもいい事故のように思えるんですがね。

高齢者のドライバーになにが起きたのでしょうか。

もし冷静の状態で運転しての事故なら、運転をしてはいけないように思えるのですが。

ここ数年前から高齢者ドライバーの事故が特に目立つような気がします。

俺もけして若くないので大きな事は言えないのですが、もし運転に迷いや、自信がなくなったときは

潔く免許証を返納しようと思っています。

やはり、他人様を傷つけてからでは遅いと思っています。

その時の思い切った覚悟と勇気が必要だと思っています。

高齢者ドライバーで悩んでいる人は思い切った覚悟と勇気を持って進んでほしいと思います。

俺はそう思う。

黒川温泉(くろかわおんせん)・熊本県

コメント

タイトルとURLをコピーしました