飛騨大鍾乳洞 (ひだだいしょうにゅうどう)は、岐阜県高山市にある1965年に大橋外吉が発見した観光洞部分800m、未開発洞部分1,000mの鍾乳洞

飛騨大鍾乳洞 (ひだだいしょうにゅうどう)は、岐阜県高山市にある1965年大橋外吉が発見した観光洞部分800m、未開発洞部分1,000mの鍾乳洞である。現在は整備され1968年6月15日より観光鍾乳洞として一般公開されている。この鍾乳洞は標高900mに位置し日本にある観光鍾乳洞の中では一番標高が高い場所にある観光鍾乳洞として有名。鍾乳洞内からはウミユリフズリナなどの化石が多数発見されていて2億5千万年前ここが海底だったことがうかがえる。洞内の平均気温は、約12℃。併設して大橋コレクション館があり、飛騨大鍾乳洞観光株式会社が管理運営する。

  • 広告
ソース画像を表示
ソース画像を表示

概要

  • 所在地:岐阜県高山市丹生川町日面1147
  • 電話:飛騨大鍾乳洞観光株式会社
  • 営業日:年中無休
  • 営業時間(受付)

4月~10月 8時~17時11月~3月 9時~16時

一般団体(20名以上)
小人(小・中学生以上)550円350円
大人(高校以上)1,100円900円
  • 広告
ソース画像を表示
ソース画像を表示

見所

  • 第1洞(この鍾乳洞の一番の見所)

「竜宮の夜景」が見所。(ヘリクタイト(ねじり曲がりながら垂れ下がる鍾乳石)やストロー(白く細長い鍾乳管)他)

  • 第2洞(上り坂や階段が多い)

フローストーン(流れ石)が見所。

  • 第3洞(急坂、急階段)

「月の世界」、「天降石」が見所。

ソース画像を表示
ソース画像を表示
  • 広告

アクセス

ソース画像を表示
ソース画像を表示

飛騨大鍾乳洞は飛騨高山と奥飛騨温泉郷の中間(岐阜県高山市丹生川町)にある全長約800mにも及ぶ見どころ豊富な国内屈指の観光鍾乳洞です。標高900mという、観光鍾乳洞としては日本一高い場所に位置します。洞内の通年平均気温は約12℃!真夏には絶好の避暑スポットに!鍾乳洞巡り以外の楽しみも充実しており、家族連れやカップルで楽しいひと時をお過ごしいただけます。また、ペットを連れての観覧も可能です。愛犬と一緒に鍾乳洞見学をお楽しみ頂けます。
冬になると、谷の水を木々にかけて凍らせる「氷の渓谷」が現れます。鍾乳洞の最終出口から駐車場へ戻る帰路の左手岸壁に巨大氷の渓谷が出現!日の光を浴びて蒼白く輝く氷柱は美しいの一言!大きいもので高さ30m、延べ幅200mの青白い氷に覆われます。

ソース画像を表示

~詳細情報~
場所:飛騨大鍾乳洞
住所:岐阜県高山市丹生川町日面1147

  • 広告

コメント