木曽川堤(サクラ)(きそがわづつみ(サクラ))とは、愛知県一宮市から江南市にわたる延長7Kmのサクラ並木

木曽川堤(サクラ)(きそがわづつみ(サクラ))とは、愛知県一宮市から江南市にわたる延長7Kmのサクラ並木であり、1927年(昭和2年)8月11日に国の名勝及び天然記念物の二重指定を受けたサクラの名所である。

  • 広告
ソース画像を表示

概要

愛知県岐阜県県境を流れる木曽川の、犬山市から弥富市まで続く堤防(いわゆる御囲堤)の一宮市北方町から江南市草井町までの区域の両法面に、1885年(明治18年)約1800本のエドヒガンシダレザクラと共に少数のヤマザクラが植樹されたもので、ソメイヨシノを植樹しない点が日本各地のサクラ並木に対して特徴がある。1927年(昭和2年)「木曽川堤(サクラ)」として、国の名勝、天然記念物に指定された。

ソース画像を表示

木曽川堤の桜は、明治18年に洪水によって崩壊した御囲堤の再建のため、当時の愛知県知事の呼びかけで、地元の有志が苗木を持ち寄り植樹した桜並木です。

「御囲堤」とは、徳川家康の命により、尾張国に築かれた木曽川左岸の堤防のことを言います。

とても歴史のある木曽川堤防ですね。

この明治の植樹時は、桜の品種が、ヒガンザクラとシダレザクラを中心として構成され、少数のヤマザクラが混在していました。

ソメイヨシノが植えられていない、日本では珍しい桜並木として名が知れていました。

桜の本数がその後減少してしまい、平成13年に、「二世サクラ」を植樹する際にソメイヨシノも植えられ、今では樹齢100年を超える桜も見られる桜並木として、私たちを魅了しています。

現在は、約750本の桜が、木曽川堤約4キロを彩ります。

  • 広告
ソース画像を表示
ソース画像を表示

交通アクセス

名鉄名古屋本線尾西線名鉄一宮駅からバス光明寺下車徒歩5分

  • 広告

コメント