阿波国分寺(あわこくぶんじ)は、徳島県徳島市国府町矢野に位置する寺院

阿波国分寺(あわこくぶんじ)は、徳島県徳島市国府町矢野に位置する寺院四国八十八箇所霊場の第十五番札所。札所寺院としては単に国分寺と呼ぶのが通例である。薬王山(やくおうさん)、金色院(こんじきいん)と号す。宗派曹洞宗本尊は薬師如来。

本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

ご詠歌:薄く濃くわけわけ色を染めぬれば 流転生死(るてんちょうじ)の秋のもみじ葉(ば)

  • 広告
国分寺

庭園

歴史

天平13年(741年)、聖武天皇が発した国分寺建立の詔により諸国に建てられた国分寺の一つ。寺伝では行基が自ら薬師如来を刻んで開基し、聖武天皇から釈迦如来像と大般若経、光明皇后の位牌厨子が納められたと伝わっている。当初は法相宗の寺院として七堂伽藍を有する大寺院であった。弘仁年間(810 – 824年)に空海(弘法大師)が巡錫した際に真言宗に改宗したとされる。

史実としては、正確な成立過程は不明であるが、『続日本紀』に天平勝宝8年(756年)、聖武天皇の周忌に際し、阿波国を含む26か国の国分寺に仏具等を下賜したとの記載があり、遅くともこの頃には完成していたことがわかる。

天正年間(1573 – 1592年)土佐長宗我部元親率いる軍の兵火によって焼失。長らく荒廃していたが、寛保元年(1741年)に徳島藩蜂須賀家の命により郡奉行速水角五郎が復興にかかり、丈六寺の吼山養師和尚が再建したことから延享3年(1746年)真言宗派から曹洞宗に改め宇治興聖寺の末寺となった。

山門

伽藍

単層の山門を入ると右手に手水場が、左手には地蔵堂、七重塔礎石、鐘楼堂と並び、正面奥に本堂がある。本堂の手前右に大師堂がある。烏瑟沙摩明王堂はその横にある。納経所は境内の右手奥にあり、庭園の入口は納経所の左にある。

  • 宿坊:なし
  • 駐車場:普通車は無料で10台、大型は進入不可。
  • 広告 WHITE ICHIGO|白いちご

本堂

大師堂

文化財

国指定の名勝

  • 阿波国分寺庭園:西南方に東西43m南北42m、面積1900㎡。「阿波の青石」(緑色の結晶片岩)を豪快に組んだ枯山水が特徴、戦国武将三好氏が16世紀後半の安土桃山時代に築かれたと推定され、一部は江戸後期に大幅に改修された。高さ4.3m余の立石(りっせき)は全国最大級[1]。昭和41年に重森三玲により実測調査。平成12.3.30指定。

庭園の西側

4.3mの立石

庭園の東側

  • 広告

県指定の史跡

  • 阿波国分寺跡:昭和28.7.21指定

交通案内

鉄道

バス

  • 徳島バス 神山線(延命経由)・天の原西線 「国分寺前」下車 (0.4km)

道路

所在地徳島県徳島市国府町矢野718-1
位置北緯34度3分20.2秒 東経134度28分25秒
山号薬王山
院号金色院
宗派曹洞宗
本尊薬師如来
創建年天平勝宝8年(756年)以前
開基(伝)行基
正式名薬王山 金色院 国分寺
別称国分寺
札所等四国八十八箇所15番
文化財庭園(国の名勝)、県史跡
  • 広告

コメント