丸亀城(まるがめじょう)は、讃岐国、現在の香川県丸亀市にある日本の城

丸亀城(まるがめじょう)は、讃岐国、現在の香川県丸亀市にある日本の城である。別名、亀山城(かめやまじょう)、蓬莱城(ほうらいじょう)ともいう。

  • 広告
丸亀城外観

丸亀城外観

概要

丸亀市街地の南部に位置する亀山(標高66メートル)を利用し、縄張りはほぼ四角形で亀山の廻りを(内堀)で囲む、渦郭式の平山城である。石垣は、緩やかであるが荒々しい野面積みと端整な算木積みの土台から、頂は垂直になるよう独特の反りを持たせる「扇の勾配」と呼ばれる。山麓から山頂まで4重に重ねられ、合わせると60メートルになり、総高としては日本一高く、三の丸石垣だけで一番高い部分は22メートルある。誤解されやすいが、あくまで総高としての日本一であり、単体としての日本一高い石垣は大坂城で、僅差で上野城が続いている。ちなみに大坂城は実測値33メートル、上野城の高さは約30メートルである。

頂部の本丸には江戸時代に建てられた御三階櫓が現存する。この建物は唐破風や千鳥破風を施して漆喰が塗られ高さは15メートルあり、現存天守の中で最も小規模である。天守の形成した時代に関する研究としては、元和元年武家諸法度以降、天守は新造されることがなかったとして丸亀城を三重櫓とする説や、京極氏が入封後に幕府に許可を得て櫓を建てたという説、すでに明暦の丸亀城郭を記した讃岐国丸亀城(大洲絵図)を根拠に、京極入封以前の山崎時代に櫓や石垣がほぼ整っていたとする研究がある。

内堀の周囲には侍屋敷が建ち並び、この周囲を外堀が方形に取り囲んでいた。侍屋敷は明治時代に大半が取り壊され跡地に善通寺第11師団の丸亀歩兵第12連隊、裁判所や小・中学校などが建てられた。外堀は明治頃まで存在していたが、琴平参宮電鉄の路線延長とその後の廃線や旧国道11号(県道33号線)の整備などにより、年とともに減少し、一部残されていた南側の箇所も今は埋め立てられ、外濠緑道公園として整備されている。

城跡の全域は国の史跡に指定されており亀山公園となっている。天守のほかに大手一の門・大手二の門・藩主玄関先御門・番所・御籠部屋・長屋が現存しており、そのうち天守・大手一の門・大手二の門は重要文化財に指定されている。 城の大手改修の時に、絵図と共に幕府に提出されたという「丸亀城木図」という木型の立体模型が残っている(丸亀市立資料館所蔵)。木型模型(1/650)の現存例は丸亀城のものしかなく非常に珍しい。これは平成4年に丸亀市の指定有形文化財になっている。 大手門天守が両方とも現存しているのはこの丸亀城と、弘前城高知城のみである。

  • 広告

丸亀城天守

歴史・沿革

室町時代・安土桃山時代

  • 室町時代初期 – 管領細川頼之重臣の奈良元安が亀山に砦を築く。
  • 天正3年(1575年) – 那珂郡の奈良家臣のうち、新目・本目・山脇の3氏が西讃岐守護代香川氏に寝返った。これを機に香川氏は奈良領へ攻め入り、奈良元政は那珂郡を失った。
  • 慶長2年(1597年) – 豊臣政権の時代、生駒親正が讃岐17万石を与えられ高松城を本城とし、亀山に支城を築く。
  • 慶長7年(1602年) – 6年の歳月を要し、ほぼ現在の城郭が完成。

江戸時代

丸亀城外観(大手二の門より)

丸亀城(大手二の門)

  • 広告

伝説

豆腐売りの人柱伝説

丸亀城築城の際、石垣の工事が難航したため、人柱を立てることとなった。雨が降る夕暮れ、工事現場付近を通り掛かった豆腐売りが捕えられ、無理矢理に人柱として生き埋めにされてしまった。豆腐売りは雨で豆腐が売れないため、普段は通らない城の付近を偶然通り掛かったのであった。その後、石垣の工事は完成したが、それ以来、雨が降る夜にはその石垣の辺りで「とーふー、とーふー」という豆腐売りの声が聞こえて来たという。

石工名人の羽坂重三郎

石垣は名人と謳われた羽坂重三郎によるもので城主(生駒親正という説や山崎家治という説がある)に「見事である。この石垣を登れるものはあるまい」と感嘆された。しかし重三郎が「私ならば尺の鉄棒があれば登れます」といって短い鉄の棒を使って登ってしまった。これを見た城主は重三郎が敵と通じることを恐れて嘘の井戸の調査を命じて井戸に埋め殺してしまった。

左)大手一の門 右)大手二の門

丸亀城(御殿表門と天守)

高さ日本一の石垣

現地情報

利用情報

  • 現在は、原則年中無休(以前は冬期は天守が閉鎖されてしまい登閣できなかった)

行事

交通

別名亀山城、蓬莱城
城郭構造渦郭式平山城
天守構造御三階櫓(複合式層塔型3重3階)(1660年築)
(独立式層塔型3重3階)(1877年改)
築城主奈良元安
築城年室町時代初期(14世紀頃)
主な改修者生駒親正、山崎家治
主な城主生駒氏、山崎氏、京極氏
廃城年1871年
遺構現存天守・大手一の門・大手二の門・御殿表門・長屋・番所
石垣、堀
指定文化財重要文化財
(天守・大手一の門・大手二の門)
国の史跡
位置北緯34度17分10.63秒 東経133度48分0.35秒
  • 広告

コメント