鳳来寺山(ほうらいじさん)は、愛知県新城市鳳来寺にある山

鳳来寺山(ほうらいじさん)は、愛知県新城市鳳来寺にあるである。

  • 広告
Horaijisan1.jpg

紅葉の鳳来寺山

概要

「声の仏法僧(ブッポウソウ)」(コノハズク)が棲息していることや紅葉の名所として、更に鳳来寺があることで知られる。旧火山帯の南端に位置する死火山であり、標高は695メートルとされるが、これは厳密には鳳来寺山の山頂標識から北に位置する瑠璃山と呼ばれる岩峰の標高である。

鳳来寺の本堂へは、山麓から伸びる石段(1,425段)や元有料道路 鳳来寺山パークウェイがある。登山道は、門谷からの表参道の他に大野からの東海自然歩道湯谷温泉から湯谷峠へのがある。

1931年昭和6年)に国の名勝及び天然記念物に指定され、2007年平成19年)には日本の地質百選に選定された。

山には、日本一高いとされていた樹齢800年以上、樹高約60メートルの「傘杉」(かさすぎ)がある。

1935年(昭和10年)6月7日・8日の両日に渡り、名古屋放送局は鳳来寺山でブッポウソウ(コノハズク)の啼き声を夜間生中継することに成功。これをきっかけに「声の仏法僧」コノハズクと、「姿の仏法僧」であるブッポウソウの食い違いが学術的に解明されただけでなく、鳳来寺のブッポウソウの声が名物として広く知られることになった。

門谷からの表参道

  • 広告 WHITE ICHIGO|白いちご

交通手段

路線バス

  • JR飯田線 本長篠駅三河大野駅湯谷温泉駅もしくは高速バス山の湊号 もっくる新城南バス停から新城市Sバス湯谷温泉もっくる新城線の「鳳来寺山山頂」行に乗車。終点「鳳来寺山山頂」停留所で下車。
    • 月 – 土曜に運行。
  • JR飯田線 本長篠駅もしくはもっくる新城南バス停(1往復のみ)から、豊鉄バスの急行「鳳来寺山頂」行きに乗車。終点「鳳来寺山頂」停留所で下車(本長篠駅からの所要時間:22分)。
    • このバスは11月1日 – 11月30日の土休日のみ運行。11月23日は後述の「鳳来寺」行増便対応のため本数減。
  • 本長篠駅から豊鉄バス「田口」「四谷千枚田口」行きのどちらかに乗車。「鳳来寺」停留所で下車。11月23日は「鳳来寺」行きのバスを増便運行する。
    • 「田口」行きのバスは毎日運行、「四谷千枚田口」行きのバスは平日土曜日のみ運行(日曜日祝日休日)は運休。ただし、「鳳来寺」停留所は山頂ではなく山麓にあり、徒歩で登山すると片道1時間以上はかかる。

自家用車

豊橋豊川新城市街方面から

鳳来寺からの展望

奥の院からの展望

表参道仁王門

  • 広告

仁王門近景

鳳来山東照宮

鳳来寺

  • 広告

コメント