上野城(うえのじょう)は、三重県伊賀市上野丸之内(上野公園)にあった日本の城(平山城)

上野城(うえのじょう)は、三重県伊賀市上野丸之内(上野公園)にあった日本の城平山城)である。白鳳城伊賀上野城とも呼ばれる。

  • 広告
模擬天守

模擬天守

概要

伊賀上野城は、上野盆地のほぼ中央にある上野台地の北部にある標高184mほどの丘に建てられた平山城である。北には服部川柘植川、南には久米川、西側には木津川本流が流れ、城と城下町を取り巻く要害の地にある。

かつて上野城の場所には要塞としても利用された平楽寺や仁木氏館があった。織田信雄(北畠信雄)の家臣である滝川雄利は平楽寺の跡に砦を築いたが、小牧・長久手の戦いの際に脇坂安治によって落城させられた。その後天正13年(1585年) に筒井定次によって改修を受け、慶長16年(1611年)に徳川家康の命を負って藤堂高虎が拡張したが、大坂の陣によって、当時高虎が従属する家康に対立していた豊臣氏が滅んだため築城が中止され、本丸・二ノ丸などの主要部分は城代屋敷を除いて未完成のまま江戸時代を過ごした。

昭和42年(1967年)旧城域一帯が国の史跡に指定されている。城を含めた近隣一帯は上野公園として整備されており、松尾芭蕉を祀る俳聖殿および芭蕉翁記念館伊賀流忍者博物館があり、伊賀上野観光地として利用され、各種イベントなどが行われている。長年日本一といわれてきた藤堂高虎の高さ約30mの石垣や三重県立上野高等学校敷地内に武庫が現存し、米倉は博物館の一部として上野公園敷地内に移築現存する。現在、天守台にある3層3階の天守昭和初期築の模擬天守で、正式には伊賀文化産業城という。

俳聖殿

  • 広告

城郭

藤堂高虎が大規模に改修した時は、大坂城の備えとして西側の防備を固めた。これは、徳川家康が不利となった場合、この城で籠城する時に備えて、相当数の兵員を収容できるよう、細部の完備や美観を整えるより実戦本意に配慮した。藤堂高虎は伊賀忍者に命じ、58カ国、148城を密かに忍ばせ要害図を盗写させ、伊賀上野城を改修の参考にしたという伝承が残っている。

筒井定次時代の城を取り込み、大きさも約3倍となり7千に拡張した。筒井定次時代の本丸の西を拡張し、旧本丸と合せて新本丸とした。本丸の南には広大な外郭をつくり二ノ丸と呼ばれていたが、次第に名称も変わり東の高台と通称するようになった。東側の外堀は218間、堀幅12間、南側は488間、堀幅15間、西側は254間、堀幅12間、北側が17間、北の山下の土塁と堀は筒井氏時代のものを活用している。丸の内は高い禄の家臣の屋敷地となっていた。

本丸の西、内堀を隔てた台地、現在の三重県立上野高等学校グランド付近が、藩主の屋敷、御殿と呼ばれている。城下町は外堀の南に置かれ、本町筋、二の町筋、三の町筋があり、三の町筋に家臣や住民の消費にそなえた商人町があった。三の町筋の南側に堀が作られる予定であったが、中止になり外馬場となった。これ以外に馬場の南一帯は外輪と呼ばれる町、忍町が置かれ、更にその南に鉄砲足軽長屋が置かれ、鉄砲町と呼ばれていた。忍町の南一端はかや町と呼ばれる農家があったが、次第に町が形成され東の枝町と呼ばれていた。

嘉永7年(1854年)6月に、伊賀上野地震があり伊賀上野城をはじめ城下町に大被害があり、城内の建物の多くが壊れ、石垣が所々で破損した。その後御殿、城代役所、武具蔵、米蔵をはじめ、東大手門、西大手門等、城として最小限のものが補修されたが、外郭の櫓は再建されず、倒壊をまぬがれた太鼓櫓と菱櫓が残るものとなった。

東大手門(現存せず)

西大手門(現存せず)/伊賀市上野図書館

御屋敷(現存せず)/伊賀市上野図書館蔵

武具蔵(現存)/伊賀市上野図書館蔵

上野城の石碑

  • 広告

現在の状況

  • 現在、現存している建造物は武具蔵のみである。この武具蔵は三重県立上野高校図書館横に立地している。
  • また、高石垣には植物が生えているが、ピンク色のテープの付いた植物は希少種のため意図的に残されている。その他の石垣の雑草の手入れは訓練の一環として自衛隊が毎年行っている。
  • 復興天守が存在するが、本来の天守のあった正確な場所には建造されていない。筒井氏時代の天守台もほぼ当時の容貌を残しているが、石垣の積み直しや発掘作業で立ち入りは禁止されている。
  • 石垣が高いため、転落して死亡者が出ることもある。

打込み接ぎの石垣

城跡へのアクセス

別名白鳳城、伊賀上野城
城郭構造梯郭式平山城
天守構造不明5重(完成間近に倒壊)
層塔型3層3階(復興、木造1935年築)
築城主筒井定次
築城年天正13年(1585年
主な改修者筒井定次
藤堂高虎
主な城主服部氏
仁木氏
筒井定次
脇坂安治
藤堂氏
廃城年明治4年(1871年
遺構石垣武具蔵
指定文化財国史跡
俳聖殿(国の重要文化財
天守伊賀市指定有形文化財
再建造物天守(模擬、木造
位置北緯34度46分12.51秒 東経136度7分37.71秒
  • 広告

コメント