大倉山ジャンプ競技場(おおくらやまジャンプきょうぎじょう)は、札幌市中央区にあるスキージャンプの競技場(ラージヒル)

大倉山ジャンプ競技場(おおくらやまジャンプきょうぎじょう)は、札幌市中央区にあるスキージャンプ競技場(ラージヒル)。宮の森ジャンプ競技場とともにナショナルトレーニングセンター(NTC)競技別強化拠点施設になっている。

  • 広告
Okurayama August 2007.jpg

概要

1923年に三角山に建設された国内初の固定スキージャンプ台「シルバーシャンツェ」を皮切りに以後三角山では4年間で3基のジャンプ台が建設されジャンプ競技の中心地として用いられたが、1928年サンモリッツオリンピックでの60m級の飛距離に対して三角山のジャンプ台が30m級にとどまっており世界の潮流から遅れた状況にあった。

同年に秩父宮雍仁親王が来道した際に、将来の冬季五輪開催を見据え札幌に国際級の大型ジャンプ台を造る必要性を大野精七らに訴え、大倉喜七郎が私財を投じて建設計画を進めることとなり[4]、翌年にはノルウェーからジャンプ台造りの第1人者であるオラフ・ヘルセット中尉らが来札し当時は無名の山に60 m級のジャンプ台を造ることを決めた。

1931年(昭和6年)に大倉土木(現・大成建設)が4カ月間をかけ建設し10月にジャンプ台は完成し、ヘルセット中尉達を招聘して建設費を賄い札幌市に寄贈した大倉喜七郎の厚意に報いるため「大倉シャンツェ」と命名した(「シャンツェ」はドイツ語で「ジャンプ台」という意味)。なお、無名の山に「大倉山」と名づけられると、「大倉山シャンツェ」と呼ばれるようになった。

1972年(昭和47年)の『札幌オリンピック』(日本国内初開催の冬季五輪)スキージャンプ競技が開催された場所であり、現在でもサマージャンプやナイタージャンプが可能な設備を整えており、国内大会や国際大会を数多く開催している。ジャンプ台とその周辺は観光地になっており、標高307 mの展望ラウンジからは札幌の市街地石狩平野石狩湾を一望することができるほか、ジャンプ台の前には札幌ウィンタースポーツミュージアム、大倉山クリスタルハウスがある。公式キャラクターとしてエゾモモンガをモデルとした「くらやん」が誕生している。

  • 広告

冬のジャンプ台

施設

  • 展望ラウンジ(スタートハウス)
  • ジャンプ台
    • アプローチ : 101 m
    • 助走路 : 94 m
    • 助走路最大斜度 : 35°
    • カンテ : 7 m
    • 高さ : 3.3 m
    • テイクオク斜度 : 11°
    • 着地斜面(ランディングバーン) : 202.8 m
    • 着地斜面最大斜度 : 37°
    • (幅)カンテ下 : 10 m
    • K点(幅) : 10 m
    • P点=標準点 : 100 m
    • K点=建設基準点 : 冬季123 m 夏期120 m
    • ヒルサイズ : 冬季137 m 夏期134 m
    • ブレーキングトラック : 100 m
    • 標高差 : 133.6 m
    • 傾斜長 : 403.8 m
    • 全長 : 368.1 m
  • 審判塔
  • 2人乗りリフト
  • 運営本部
  • 札幌オリンピックミュージアム
  • 大倉山クリスタルハウス
  • 総合案内・チケット売場
  • エスカレーター

展望ラウンジからの眺望

展望ラウンジからの夜景

ジャンプ台全景

  • 広告 Jobマ!

アクセス・駐車場

正式名称札幌市大倉山ジャンプ競技場
所在地
 日本
自治体札幌市
所在地中央区宮の森1274番地
位置北緯43度03分4.77秒 東経141度17分24秒
起工1931年
開場1932年
改修1952年、1964年、1970年、1982年、1986年、1996年、1998年
所有者札幌市
管理者札幌振興公社(指定管理者
サイズ
K点冬季123 m、夏期120 m
ヒルサイズ冬季137 m、夏期134 m
ヒルレコード男子 – 148.5 m  カミル・ストッフ
女子 – 145 m  伊藤有希
サマー男子 – 141 m –  葛西紀明
サマー女子 – 134.5 m  高梨沙羅
大会
オリンピック1972年札幌オリンピック
世界選手権2007年ノルディックスキー世界選手権札幌大会
ワールドカップ2016/17 男子第21-22戦(LHx2)
  • 広告

コメント