宇佐神宮(うさじんぐう)は、大分県宇佐市にある神社

宇佐神宮(うさじんぐう)は、大分県宇佐市にある神社式内社名神大社3社)、豊前国一宮勅祭社旧社格官幣大社で、現在は神社本庁別表神社

全国に約44,000社ある八幡宮の総本社である。石清水八幡宮筥崎宮(または鶴岡八幡宮)とともに日本三大八幡宮の一つ。古くは八幡宇佐宮または八幡大菩薩宇佐宮などと呼ばれた。また神仏分離以前は神宮寺の弥勒寺(後述)と一体のものとして、正式には宇佐八幡宮弥勒寺と称していた。

現在でも通称として宇佐八幡とも呼ばれる。

  • 広告
宇佐神宮南中楼門

宇佐神宮南中楼門

概要

大分県北部、国東半島付け根に立つ御許山(標高647m)山麓に鎮座する。本殿は小高い丘陵の小椋山(亀山)山頂に鎮座する上宮とその山麓に鎮座する下宮とからなり、その周りに社殿が広がっている。境内は国の史跡に指定され、本殿3棟は国宝に指定されている。

八幡宮の総本社であり古くから皇室の崇敬を受けているほか、称徳天皇時代の宇佐八幡宮神託事件でも知られる。参拝は一般と異なり、二拝四拍手一拝を作法としている。

表参道

祭神

主祭神は以下の3柱。

いずれも上宮・下宮の両方に祭られている。

主神は、一之御殿に祀られている八幡大神応神天皇であるが、ただ実際に宇佐神宮の本殿で主神の位置である中央に配置されているのは比売大神であり、なぜそうなっているのかは謎とされている。

  • 広告 WHITE ICHIGO|白いちご

宇佐八幡宮、1928年

歴史

創建

宇佐神宮の託宣集である『八幡宇佐宮託宣集』には、筥崎宮の神託を引いて、「我か宇佐宮より穂浪大分宮は我本宮なり」とあり、筑前国穂波郡(現在の福岡県飯塚市)の大分八幡宮が宇佐神宮の本宮であり、筥崎宮の元宮であるとある。宇佐神宮の元宮は、福岡県築上郡築上町にある矢幡八幡宮(現金富神社)であるとする説や、大分県中津市薦神社(こもじんじゃ)も元宮として有力視されている。

568年(欽明天皇29年)、大神比義命(おおがの ひぎの みこと)が勅命を受けて豊国豊日別)に入り、宇佐神宮の創祀に関わったとされている。

また、社伝等によれば、欽明天皇32年(571年?)、宇佐郡厩峯と菱形池の間に鍛冶翁(かじおう)降り立ち、大神比義(おおがのひき)が祈ると三才童児となり、「我は、譽田天皇廣幡八幡麻呂(註:応神天皇のこと)、護国霊験の大菩薩」と託宣があったとある。宇佐神宮をはじめとする八幡宮の大部分が応神天皇(誉田天皇)を祭神とするのはそのためと考えられる。


当社南に立つ御許山山頂には奥宮として3つの巨石を祀る大元神社があり、豪族宇佐氏磐座信仰が当初の形態であろうともいわれている。そこに、辛嶋氏比売大神信仰を持ち込んだと考えられるが、古来からのヒメヒコ文化も考えあわせればヒメガミ信仰は当時には当然のことであったと考えられる。辛嶋氏は後に宇佐辛嶋郷に住み、辛嶋郷周辺に稲積六神社(いなずみろく、稲積神社とも)、乙咩神社(おとめ)、さらに酒井泉神社、郡瀬神社(ごうぜ。昔は瀬社とも)と社殿を建築した。

崇峻天皇年間(588? – 592年?)に鷹居社(たかいしゃ)が建てられた。

  • 広告

境内

建造物

上宮本殿 (一之御殿、国宝)
様式は「八幡造」といわれ、2棟の切妻造平入の建物が前後につながった形をとる。奥殿は「内院」・前殿は「外院」といわれる。内院には御帳台(祭神の夜の座所)があり、外院には御椅子(昼の座所)が置かれている。一之御殿は万延元年(1860年)、二之御殿は安政6年(1859年)、三之御殿は文久元年(1861年)の建立で、いずれも国宝。

下宮御炊宮(みやけみや) ) 弘仁年間(810年 – 824年)、嵯峨天皇の勅願により創建。上宮からの分祀で、祭神は上宮と同じ3柱。

西大門 (さいだいもん) 文禄1592年 – 1596年)頃の建造とされ、安土桃山時代の様式。

呉橋(くれはし) 西参道途中、屋根のついた神橋。鎌倉時代以前からあるとされ、の国の人が掛けたという伝承がある。県指定文化財。

  • 広告

文化財

当宮の建築様式は八幡造と呼ばれ、本殿は国宝に指定されている。また、宝物館には国宝・孔雀文磬(くじゃくもんけい)ほか多数の文化財を収めている。

国宝

  • 本殿 (第一殿から第三殿に至る3棟)
  • 孔雀文磬 (くじゃくもん けい) – 個人所有(宇佐神宮が文化財保護法に基づく管理団体に指定されている)。鎌倉時代、承元3年(1209年)銘。宇佐神宮の神宮寺の弥勒寺に伝来したもの。

重要文化財(国指定)

  • 木造神像5躯(若宮神体)
    • 大鷦鷯命(おおさざきのみこと)坐像
    • 大葉枝皇子(おおばえのみこ)坐像
    • 小葉枝皇子(こばえのみこ)坐像
    • 雌鳥皇女(めどりのみこ)坐像
    • 隼総別皇子(はやぶさわけのみこ)坐像(若宮鎮座)
  • 銅鐘(朝鮮鐘) – 天復四年(904年)云々の左文銘あり。日本にある朝鮮鐘の中では2番目に古い
  • 白鞘入剣(しらさやいり けん) – 長さ93.5cm、両鎬造り。正平13年(1358年懐良親王征西大将軍として活躍している際に、武運長久を祈願して奉納した剣
  • 豊前国宇佐宮絵図
  • 宇佐神宮造営図 3幅
  • 宇佐宮神領大鏡 – 個人所有(宇佐神宮が文化財保護法に基づく管理団体に指定されている)

出典:2000年までの指定物件については、『国宝・重要文化財大全 別巻』(所有者別総合目録・名称総索引・統計資料)(毎日新聞社、2000)による。

史跡(国指定)

  • 宇佐神宮境内

天然記念物(国指定)

  • 宇佐神宮社叢

現地情報

所在地

上宮参拝時間

  • 4月から9月:5時30分から21時
  • 10月から3月:6時から21時
  • 祈祷の受付は9時から16時

交通アクセス

バス

補足事項

保存されている蒸気機関車

所在地大分県宇佐市南宇佐2859
位置北緯33度31分34秒 東経131度22分29秒
主祭神八幡大神
比売大神
神功皇后
社格式内社名神大3社)
豊前国一宮
官幣大社
勅祭社
別表神社
創建神亀2年(725年
本殿の様式八幡造
別名宇佐八幡
宇佐八幡宮
札所等日本三大八幡宮
例祭3月18日
主な神事勅使祭
  • 広告

コメント