松江城(まつえじょう)は、現在の島根県松江市殿町に築かれた江戸時代の日本の城

松江城(まつえじょう)は、現在島根県松江市殿町に築かれた江戸時代の日本の城。別名・千鳥城現存天守国宝、城跡は国の史跡に指定されている。

  • 広告
天守(国宝)

天守(国宝)

概要

小瀬甫庵の縄張りによる平山城江戸時代には松江藩の政庁として、出雲地方の政治経済の中心であった。山陰地方で唯一の現存天守であり、国宝指定された5城のうちの一つである(他は犬山城松本城彦根城姫路城)。標高29メートルの亀田山に建つ天守からは宍道湖を眺望することができる。

明治時代初頭に廃城令によって松江城は陸軍省所管となり城内の建物は全て解体され売却される予定だったが、地元の有志によって天守閣だけは買い戻されて解体を免れた。近年、二の丸の櫓が復元されるなど往年の姿を取り戻しつつある。

昭和初期に城山部分は公園として開放され、現在は指定管理者制度に則り、特定非営利活動法人松江ツーリズム研究会が運営をしている。日本さくら名所100選都市景観100選に選ばれるなど島根県の主要な観光名所となっている。

南櫓

  • 広告

構造

軍学者小瀬甫庵、土木職人の稲葉覚之丞らが設計に携わった。松江市街の北部に位置し、南を流れる京橋川を外堀とする輪郭連郭複合式平山城である。宍道湖北側湖畔の亀田山に築かれ、日本三大湖城の一つでもある。なお、城の周りを囲む堀川は宍道湖とつながっており、薄い塩水(汽水域)である。構造は、本丸を中心に据え、北に北の丸、南に二の丸上段、東に二の丸下段、二の丸上段のさらに南には出城のように独立した三の丸が配されている。城の中心となる御殿は二の丸上段に置かれていたが、敷地が狭いため三の丸にも御殿が建てられ藩主は主にこちらで生活していたようだ。大手門は石垣のみが残るが巨大な枡形を形成しており、江戸城や大阪城に匹敵する規模である。現在、北の丸には神社、三の丸には島根県庁が建っている。

天守西面

国宝指定に向けて

昭和30年代に、国宝指定に向けての運動や陳情があったが国宝指定には至らなかった。松浦正敬が松江城の国宝指定も公約に掲げて松江市長(2期目)に当選した2009年(平成21年)以降は、「松江城調査研究委員会」や「松江城を国宝にする市民の会」を立ち上げるなど、国宝指定に向けての調査・運動が活発化していた。懸賞金を掛けて史料を探していたが平成24年に松江神社で国宝指定に重要な、築城時期を特定できる「慶長拾六年正月吉祥日」などと書かれた祈祷札が見つかった。2015年平成27年)5月15日文化審議会が松江城天守の国宝指定について文部科学大臣に答申。同年7月8日の『官報』告示をもって国宝に指定された。

復元事業[ソースを編集]

1960年(昭和35年)に本丸一ノ門と南多聞の一部が復元され、1994年(平成6年)に三の丸と二の丸を結ぶ廊下門と二の丸下段の北惣門橋が復元された。二の丸の建造物として、2000年(平成12年)2月に南櫓と塀の一部(40m)、2001年(平成13年)2月には中櫓・太鼓櫓と塀の一部(87m)がそれぞれ復元された。

さらに松江市では大手門復元に向けて懸賞金を掛けて図面や古写真などの史料を探している。

橋(木造復元)

  • 広告 Jobマ!

指定文化財

国宝

  • 松江城天守
    • 附:祈祷札2枚、鎮宅祈祷札4枚、鎮物3点(祈祷札1、槍1、玉石1)

史跡(国指定)

  • 松江城

天守

交通

別名千鳥城
城郭構造輪郭連郭複合式平山城
天守構造複合式望楼型 4重5階地下1階(木造 1607年築 現存)
築城主堀尾忠氏
築城年1611年慶長16年)
主な改修者京極忠高
主な城主堀尾氏、京極氏松平氏
廃城年1871年明治4年)
遺構現存天守、石垣、堀
指定文化財国宝(天守)
国の史跡
再建造物、門、橋
  • 広告

コメント