寳山寺(ほうざんじ)は、奈良県生駒市門前町にある真言律宗の大本山の寺院

寳山寺(ほうざんじ)は、奈良県生駒市門前町にある真言律宗大本山寺院生駒聖天(いこましょうてん)とも呼ばれる。本尊は不動明王鎮守神として大聖歓喜天(聖天)を聖天堂(天堂)に祀っている。

  • 広告
Hozanji Nara JPN 001.jpg

歴史

生駒山は伝承によれば斉明天皇元年(655年)に役行者が開いたとされる修験道場で、空海(弘法大師)も修行したと伝わる。その当時は都史陀山 大聖無動寺(としださん だいしょうむどうじ)という名であったという。

江戸時代延宝6年(1678年)に湛海律師が再興するが、この時が事実上の開山だと思われる。延宝8年(1680年)正月には村人や郡山藩家老らの援助により仮本堂が建立され、後には大聖歓喜天を鎮守として祀った。貞享5年(1688年)には新本堂が完成して伽藍の整備が終わり、寺名を寳山寺と改めた。

大聖歓喜天を祀る寳山寺は商売の神として大坂商人の信仰を集めた。京都皇室江戸徳川将軍家、郡山藩主柳沢家からの祈願もあり、聖天信仰の霊場として有名であった。参詣者が多いため、1918年大正7年)には日本最初のケーブルカーである生駒鋼索鉄道(現・近鉄生駒鋼索線)が敷設された。現在でも年間300万人の参拝客を集めるとされる。麓から続く参道の階段は奥の院まで含めると1,000段余りあり西日本有数の規模を誇る。

宝山寺参道

宝山寺参道

文化財

重要文化財

  • 獅子閣 – 1884年(明治17年)建立の洋風建築。
  • 木造不動明王及脇侍像5軀(不動明王坐像、制多迦童子立像、矜羯羅童子立像、蓮華吉祥天立像、薬厠抳立像)・銅造倶利迦羅竜剣1基
  • 厨子入木造五大明王像 5躯 – 元禄14年(1701年)湛海作、聖天堂安置。
  • 絹本著色春日曼荼羅
  • 絹本著色愛染明王像
  • 絹本著色弥勒菩薩像
  • 能本(世阿弥筆)5巻(盛久、タタツノサエモン、江口、雲林院、柏崎 各1巻) 附:弱法師(竹田広貞筆)1巻

奈良県指定有形文化財

  • 紙本墨画十巻抄10巻
  • 観世世阿弥能楽伝書8点
  • 金春禅竹能楽伝書5点
  • 金春家武芸関係資料13巻
  • 広告

般若窟

獅子閣

多宝塔

  • 広告

絹本著色愛染明王像

絹本著色弥勒菩薩像

交通

所在地奈良県生駒市門前町1-1
位置北緯34度41分4.8秒 東経135度41分11.6秒
山号生駒山
宗派真言律宗
寺格大本山
本尊不動明王
創建年延宝6年(1678年
開山湛海
別称生駒聖天
札所等仏塔古寺十八尊第15番
真言宗十八本山第13番
大和十三仏霊場第1番
近畿三十六不動尊第29番
西国愛染十七霊場第14番
役行者霊蹟札所
神仏霊場巡拝の道第29番(奈良第16番)
大和北部八十八ヶ所霊場第34番
文化財獅子閣・厨子入木造五大明王像ほか(重要文化財
紙本墨画十巻抄10巻・観世世阿弥能楽伝書8点ほか(県指定文化財)
  • 広告

コメント