賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)は、京都市北区にある神社

賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)は、京都市北区にある神社。通称は上賀茂神社(かみがもじんじゃ)。式内社名神大社)、山城国一宮二十二社(上七社)の一社。旧社格官幣大社で、現在は神社本庁別表神社

ユネスコ世界遺産に「古都京都の文化財」の1つとして登録されている。

  • 広告
Kamo-wakeikazuchi-jinja18n4272.jpg

賀茂別雷神社(上賀茂神社) 楼門, 京都府京都市北区

概要

京都最古の歴史を有する一社であり、かつてこの地を支配していた古代氏族である賀茂氏氏神を祀る神社として、賀茂御祖神社(下鴨神社)とともに賀茂神社(賀茂社)と総称される。賀茂社は奈良時代には既に強大な勢力を誇り、平安遷都後は皇城の鎮護社として、京都という都市の形成に深く関わってきた。賀茂神社両社の祭事である賀茂祭(通称 葵祭)で有名である。また、社報「上賀茂」が年2回発行されている。

高札所、一の鳥居

祭神

歴史

創建については諸説ある。社伝では、神武天皇の御代に賀茂山の麓の御阿礼所に賀茂別雷命が降臨したと伝える。

山城国風土記』逸文では、玉依日売(たまよりひめ)が加茂川の川上から流れてきた丹塗矢を床に置いたところ懐妊し、それで生まれたのが賀茂別雷命で、兄玉依日古(あにたまよりひこ)の子孫である賀茂県主の一族がこれを奉斎したと伝える。丹塗矢の正体は、乙訓神社の火雷神とも大山咋神ともいう。玉依日売とその父の賀茂建角身命下鴨神社に祀られている。国史では、文武天皇2年(698年)3月21日、賀茂祭の日の騎射を禁じたという記事が初出で、他にも天平勝宝2年(750年)に御戸代田一町が寄進されるなど、朝廷からの崇敬を受けてきたことがわかる。

延暦13年(794年)の平安遷都後は、皇城鎮護の神社としてより一層の崇敬を受け、大同2年(807年)には最高位である正一位神階を受け、賀茂祭は勅祭とされた。『延喜式神名帳』では「山城国愛宕郡 賀茂別雷神社」として名神大社に列し、名神祭月次祭相嘗祭新嘗祭の各祭の幣帛に預ると記載されている。弘仁元年(810年)以降約400年にわたって、伊勢神宮斎宮にならった斎院が置かれ、皇女が斎王として奉仕した。

明治近代社格制度でも伊勢神宮に次ぐ官幣大社の筆頭とされ、明治16年(1883年)には勅祭社に定められた。

  • 広告

文化財

国宝

建造物

  • 本殿 – 1863年建造
  • 権殿 – 1863年建造

重要文化財

建造物(34棟)

ソース画像を表示

国宝 賀茂別雷神社(上賀茂神社) 本殿・権殿

天然記念物(国指定)

  • 大田ノ沢かきつばた群落

史跡(国指定)

  • 賀茂別雷神社境内

その他

ソース画像を表示

現地情報

所在地

アクセス

鉄道

路線バス

  • 京都市営バス
    • 上賀茂神社前」バス停(44667号系統)
    • 御薗口町」バス停(4・46・67・北3号系統) – 賀茂川堤
    • 上賀茂御薗橋」バス停(937・北3号系統) – 賀茂川対岸
  • 京都バス
    • 上賀茂神社前」バス停(303234・35・急行36) – 京都市営バスの「御薗口町」バス停と同じ場所にある。

自動車

  • 駐車場:有り
  • 広告

コメント