熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)は、和歌山県新宮市にある神社

熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)は、和歌山県新宮市にある神社熊野三山の一つ。熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)と熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)を主祭神とする。かつては式内社(大)であり、旧社格官幣大社で、現在は神社本庁別表神社

境内地は国の史跡「熊野三山」の一部。2002年平成14年)12月19日、熊野三山が史跡「熊野参詣道」から分離・名称変更された際に、御船島を含む熊野速玉大社境内が追加指定された。2004年(平成16年)7月に登録されたユネスコ世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道』の構成資産・大峯奥駈道の一部。

  • 広告
熊野速玉大社

熊野速玉大社

歴史

神代の頃に、神倉山の磐座であるゴトビキ岩に熊野速玉大神と熊野夫須美大神が降り立ち、そこで祀られることとなった。

熊野速玉大神は、熊野速玉大社では伊邪那岐神とされ、熊野本宮大社では同じ神名で日本書紀に登場する速玉之男(はやたまのを)とされる。熊野夫須美大神伊邪那美神とされている。

しかし、社伝によると景行天皇58年に現在地に遷座し、速玉之男神の名から社名をとったという。もともと祀られていた所である神倉山は神倉神社となり、また元宮と呼ばれ、当社は新宮と呼ばれる。

初めは二つの神殿に熊野速玉大神、熊野夫須美大神、家津美御子大神を祀っていたが、平安時代の初めには現在のように十二の社殿が建てられ、神仏習合も進んで熊野十二所権現と呼ばれ、やがて式内社(大)に列せられた。

また、穂積忍麻呂が初めて禰宜に任じられてからは、熊野三党のひとつ・穂積氏藤白鈴木氏)が代々神職を務めた。

平安時代の末期には鳥羽上皇後白河法皇後鳥羽上皇などが幾度も熊野三山に足を運び、大いに賑わっている。

1871年明治4年)、熊野速玉神社として県社に列格するが、1883年(明治16年)、打ち上げ花火が原因で社殿が全焼してしまった。1915年大正4年)、官幣大社に昇格する。

1948年昭和23年)に神社本庁別表神社に加列されている。1967年(昭和42年)に社殿が再建された。

2004年平成16年)7月1日、「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部としてユネスコ世界遺産に登録された。

入口鳥居

  • 広告

境内

鈴門

神宝館

  • 広告

文化財

国宝

  • 古神宝類
  • 木造熊野速玉大神坐像・木造夫須美大神坐像・木造家津御子大神坐像・木造国常立命坐像 4躯(2005年〈平成17年〉6月9日指定)

重要文化財

  • 木造伊邪那岐神坐像(1899年〈明治32年〉8月1日指定)
  • 木造伊邪那美神坐像(1897年〈明治30年〉12月28日指定)
  • 木造皇太神坐像(1899年〈明治32年〉8月1日指定)
  • 髹漆金銅装神輿(きゅうしつこんどうそうしんよ)(1897年〈明治30年〉12月28日指定)
  • 髹漆金銅装神幸用船(きゅうしつこんどうそうしんこうようふね)(1897年〈明治30年〉12月28日指定)
  • 太刀 銘正恒(附・糸巻太刀拵)(1913年〈大正2年〉4月14日)

重要無形民俗文化財

  • 新宮の速玉祭・御燈祭り(保護団体:熊野速玉大社祭事保存会)

国の史跡

国の天然記念物

  • の大樹 – 指定名称は「熊野速玉神社のナギ」(1940年〈昭和15年〉2月10日指定)。高さ20m(17.6m)、幹周り6m(5m〈4.95m〉)、推定樹齢1,000年(850年)、ナギとしては国内最大であるとされる。ナギはマキ科の常緑高木であり、よく神木として植樹された。本樹は雄株であるが、幹に分岐が見られることからもとは数株であったともされ、1159年(平治元年)社殿の落成において熊野三山造営奉行であった平重盛の手植と伝えられる。ナギはに通じることから、ナギの実を束ねたものやナギの枝を護符にする。ナギの木は、熊野杉や天台烏薬とともに新宮市の「市の木」に指定されている。

和歌山県指定有形文化財

  • 神倉山銅鐸 一括

和歌山県指定有形民俗文化財

  • 釿始儀式用具 3点

新宮市指定有形文化財

  • 絹本著色薬師三尊
  • 熊野懐紙模本(書跡・典籍、1989年〈平成元年〉3月25日指定)
  • 速玉大社の棟札(書跡・典籍、1989年〈平成元年〉3月25日指定)
  • 紙本著色新宮本社末社図 附:新宮末社図(書跡・典籍、1989年〈平成元年〉3月25日指定)

新宮市指定有形天然記念物

  • 速玉大社のオガタマノキ(天然記念物、1964年〈昭和39年〉6月8日指定)
  • 速玉大社のボウラン(天然記念物、1964年〈昭和39年〉6月8日指定)

新宮市指定有形民俗文化財

  • 奉八度参詣の碑
  • 広告

梛の大樹

交通

  • JR西日本JR東海 紀勢本線 新宮駅から車で約5分、徒歩約15分。
  • バス 新宮駅から熊野御坊南海バス 市内線ふれあいばす「促進住宅前」行きに乗車、「速玉大社前」バス停下車、徒歩3分
    (なお、復路は、「広角市営住宅前」行きに乗車)
所在地和歌山県新宮市新宮1
位置北緯33度43分55.8秒 東経135度59分0.7秒
主祭神熊野速玉大神
熊野夫須美大神
社格式内社(大)
官幣大社
別表神社
創建伝・景行天皇58年
札所等神仏霊場巡拝の道第1番(和歌山第1番)
例祭10月15 – 16日(熊野速玉祭
  • 広告

コメント