白川郷(しらかわごう)は、岐阜県内の庄川流域の呼称

白川郷(しらかわごう)は、岐阜県内の庄川流域の呼称である。

大野郡白川村高山市荘川町(旧荘川村)および高山市清見町(旧清見村)の一部に相当し、白川村を「下白川郷」、他を「上白川郷」と呼ぶ。今日では白川村のみを指すことが多い。白川郷の荻町地区合掌造りの集落で知られる。独特の景観をなす集落が評価され、1976年重要伝統的建造物群保存地区として選定、1995年には五箇山相倉地区菅沼地区)と共に白川郷・五箇山の合掌造り集落として、ユネスコ世界遺産文化遺産)に登録された。白川郷の荻町地区は、今も実生活の場として使われているところに価値があり、それが他地域の合掌民家集落と違うところである。「世界遺産白川郷合掌造り保存財団」などがその保存にあたっている。毎年1月と2月頃の週末には夜間ライトアップが行われる。なお、2019年からライトアップ見学は完全予約制となった。

  • 広告

公開施設・名所

白川郷の風景

  • 広告 Jobマ!

周辺

交通

自動車

路線バス

下記路線を利用。いずれも白川郷バスターミナル下車。鉄道駅から

空港から

  • 富山空港より、富山地鉄バスが1日に2往復運行している。
  • 広告

コメント