越中五箇山菅沼集落(えっちゅうごかやますがぬましゅうらく)は、富山県南砺市菅沼にある集落

越中五箇山菅沼集落(えっちゅうごかやますがぬましゅうらく)は、富山県南砺市菅沼にある集落。1970年12月4日、国史跡に指定された。

  • 広告
ソース画像を表示
ソース画像を表示

概要

世界遺産白川郷・五箇山の合掌造り集落」の構成資産でもある。越中五箇山は、庄川峡谷山間地帯にひらけた村落の総称で、南方上流は飛騨白川郷に接し、住居形式は合掌造りをなしていた。相倉集落はもっとも多く合掌造り民家を残し、これらの家々には加賀藩の被護下に五箇山の特殊産業として発達した煙硝製造、紙すき、養蚕製糸などの遺構がうかがわれる。また、分家筋の天地根元造り風民家や古くからなだれから集落を守るための雪持林や茅場等が残っている。菅沼集落は、改造家屋の少ない合掌造り民家集落である。この2件は、島田宿大井川川越遺跡萩城城下町および萩城跡の追加指定とともに、日本古来の由緒ある歴史環境を保存しようとする趣旨から、史跡に指定されたものである。

ソース画像を表示
  • 広告
ソース画像を表示
ソース画像を表示

富山県の南西端にある南砺市・五箇山には、9戸の合掌造り家屋を今に伝える菅沼合掌造り集落があります。その家屋は、いくつもの歳月を重ねて、冬の豪雪に耐えうる強さと、生活の場と養蚕などを生産する仕事場を兼ね備えた合理性を持つ建物です。
そのたくましく美しいたたずまいを筆頭に、日本の原風景ともいうべき山村の景観も含めて、1995年12月に岐阜県白川郷、五箇山相倉とともにユネスコの世界文化遺産に登録されました 周辺の山林をも含めた地域が世界文化遺産に指定されているため、観光地化されていない、ありのままの自然を残しているところが魅力。
遙か昔にタイムスリップしたかのような不思議な感覚を味わえます。また、集落内には江戸時代の主産業を今に伝える「塩硝の館」や「五箇山民俗館」があり、五箇山の歴史と伝統にふれることもできます。

ソース画像を表示
  • 広告

コメント