北口本宮冨士浅間神社(きたぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ)は、山梨県富士吉田市上吉田にある神社

北口本宮冨士浅間神社(きたぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ)は、山梨県富士吉田市上吉田にある神社旧社格県社で、現在は神社本庁別表神社。 富士登山吉田口登山道の起点にあたり、「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産のひとつである「富士山域」の一部として世界文化遺産に登録されている。

  • 広告
北口本宮冨士浅間神社

北口本宮冨士浅間神社

祭神

大祭

北口本宮富士浅間神社本殿 一間社入母屋造り軒唐破風付き

  • 広告

由緒

人皇十二代景行天皇40年に、日本武尊が東方遠征の折、箱根足柄より甲斐国酒折宮に向かう途次、当地を通過、大塚丘に立たれ、親しく富士山の神霊を遥拝され、大鳥居を建てしめ、「富士の神山は北方より登拝せよと」勅され、祠を建てて祀ったのが始まりとされている。

延暦7年(788年)に甲斐守である紀豊庭により現在地に神殿を建て、浅間の大神を祀り、大塚丘には日本武尊の神霊を祀った。以後、逐次造営、改築され、現在の本殿は元和元年(1615年)、谷村城主の鳥居土佐守成次の寄進により建立された。その後、貞享5年(1688年)に社殿が造修された。

享保18年(1733年)、江戸の富士講村上派を率いる村上光清が私財を投じて出資し、幣殿、拝殿、神楽殿、手水舎、隋神門を造営させた。

これは、郡内大工仲間による最大規模の造営となり、中でも拝殿は最大の建築物である。

拝殿の前の両脇には樹齢千年の「富士太郎杉」「富士夫婦檜」の名を持つ大きな御神木がある。中世には同社が所在する郡内地方の領主である小山田氏からの庇護を受けた。

富士登山道の吉田口の起点にあたり、江戸時代中期以降には富士講が流行し、上吉田ではこれを早くから受け入れたことから登山道の中心地となった。周辺には御師宿坊が百件近く立ち並んだこともあるが、これは神社に属さない独自の宗教活動であった。昭和初期には神社北の裏手から登山バス浅間神社 – 馬返線が運行していた。

当社は後述のとおり江戸時代中期以降「諏訪大明神」よりも「浅間大菩薩」「富士浅間明神」の名のほうが大きくなり、明治時代には「冨士山北口本宮冨士嶽神社」と改称。その後「浅間神社」とも名乗るようになり、1946年昭和21年)に現在の「北口本宮冨士浅間神社」と改称した。

明治初期の宮司についての記述では、のちに扶桑教を起こす宍野半は北口本宮冨士浅間神社の社司と富士山本宮浅間大社宮司を兼務していた。そのため隣接地には扶桑教元祠があり、現在も扶桑教ではここから北口本宮内の吉田口登山道を登って頂上に至り、富士宮口登山道を下って浅間大社まで参拝している。

一之鳥居

参道

拝殿

  • 広告 Jobマ!

文化財

重要文化財(国指定)

  • 北口本宮冨士浅間神社東宮本殿(建造物) – 1907年(明治40年)8月28日指定。
  • 北口本宮冨士浅間神社西宮本殿(建造物) – 1953年(昭和28年)3月31日指定。
  • 北口本宮冨士浅間神社本殿(附 棟札1枚)(建造物) – 1953年(昭和28年)3月31日指定。
  • 北口本宮冨士浅間神社 8棟(建造物) – 2017年(平成29年)11月28日指定。
    • 拝殿及び幣殿
    • 惠毘壽社及び透塀
    • 神楽殿
    • 手水舎(附 棟札1枚)
    • 隨神門(附 棟札1枚)
    • 福地八幡社(附 棟札2枚)
    • 諏訪神社拝殿
    • 社務所(附 棟札1枚)
    • (附指定)灯籠 1基
  • 太刀 銘備州長船経家 文安二年二月日(附 糸巻太刀拵)(工芸品) – 1923年(大正12年)3月28日指定。

東宮本殿

西宮本殿

現地情報

所在地

交通アクセス

  • 広告

コメント