高田城(たかだじょう)は、現在の新潟県上越市本城(もとしろ)町にあった日本の

高田城(たかだじょう)は、現在の新潟県上越市本城(もとしろ)町にあった日本の城である。「鮫ヶ城」の別名が市民によく膾炙している。新潟県指定史跡。2017年(平成29年)には続日本100名城に選定された。

  • 広告 WHITE ICHIGO|白いちご
ソース画像を表示

概要

徳川家康の六男、松平忠輝(越後少将家)の居城として天下普請によって造られた。城地の縄張りと工事の総監督は忠輝の舅の伊達政宗である。

高田城は、高田平野にある菩提ヶ原に築かれた平城である。約230メートルから約220メートル四方の本丸を取り巻くように二ノ丸、南に三ノ丸、北に北の丸を配し、関川青田川などを外堀として利用した。すべての曲輪土塁が採用され、石垣は築かれなかった。低湿地に築城されたため排水設備が重視され、城地には現在の技術水準から見ても遜色ない暗渠が張り巡らされていた。天守はなく、1614年に3重3階の三重櫓を建てて天守の代用とした。当時の三重櫓の外観は不明で、江戸城の富士見櫓に似た外観であったと伝えられている。

明治以降、旧陸軍第13師団の駐屯地司令部として使用するために大規模な土塁の撤去、堀の埋め立てが行われ、旧城地の東半分は旧状をとどめていない。本丸を含めた西半分には堀、土塁の一部が残されており、現在は公園として整備されている。

ソース画像を表示

石垣がない理由

60万石(一説には75万石)の大名の居城であるにもかかわらず石垣を築かなかった理由としては、

  1. 近郊に石垣石として耐え得る石材が産出されなかった。
  2. 低湿地の軟弱な地盤が石垣の重量を支えられないと判断された。
  3. 大砲銃器の発達など攻城法の変化により、土塁の方が防御上有利であると判断された。
  4. 完工を急いだため石垣工事を省略した。

などの説がある。なお、明治初年に本丸付近を撮影したとする写真(絵葉書)が近年発見されているが、これには石垣が写っている。また現在、城址公園に「本丸御殿の礎石」として保存されている石材の中には、建築物の礎石としては不自然な大きさ・形状のものが含まれており、これらを根拠として、少なくとも本丸には石垣が築かれたのではないかとの説もある。

築城前の慶長18年12月24日付政宗宛江戸老中連判状には、来春の高田築城に関して天守台を石垣で築くことを命じている。

  • 広告 Jobマ!
ソース画像を表示
ソース画像を表示
別名鮫ヶ城、関城、高陽城
城郭構造輪郭式平城
天守構造御三重櫓
(3重3階不明1614年築 非現存)
(独立式望楼型3重3階 1993年 鉄骨造復興)
築城主松平忠輝
築城年慶長19年(1614年
主な改修者松平光長
主な城主松平氏稲葉氏榊原氏
廃城年明治3年(1871年
遺構土塁、堀
指定文化財県指定史跡
再建造物三重櫓
位置北緯37度6分35.64秒 東経138度15分21.27秒
  • 広告

コメント