中尊寺(ちゅうそんじ)は、岩手県西磐井郡平泉町にある天台宗東北大本山の寺院

中尊寺(ちゅうそんじ)は、岩手県西磐井郡平泉町にある天台宗東北大本山の寺院。奥州三十三観音番外札所。山号は関山(かんざん)、本尊は釈迦如来 。寺伝では円仁開山とされる。実質的な開基藤原清衡

奥州藤原氏三代ゆかりの寺として著名であり、平安時代の美術、工芸、建築の粋を集めた金色堂を始め、多くの文化財を有する。

境内は「中尊寺境内」として国の特別史跡に指定されている。2011年平成23年)6月26日、「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」の構成資産の一つとして世界遺産に登録された。

平泉毛越寺、松島瑞巌寺、山形立石寺と共に「四寺廻廊」という巡礼コースを構成している。

  • 広告
ソース画像を表示

歴史

寺伝によると、嘉祥3年(850年)、円仁(慈覚大師)が関山弘台寿院を開創したのが始まりとされ、その後貞観元年(859年)に清和天皇から「中尊寺」の額を賜ったという。しかし、円仁開山のことは、確かな史料や発掘調査の結果からは裏付けられず、実質的には12世紀初頭、奥州藤原氏の初代・藤原清衡釈迦如来多宝如来を安置する「多宝寺」を建立したのが、中尊寺の創建と見られる。

ソース画像を表示

寺号

「中尊寺」の寺号については、天治3年(1126年)の経蔵文書が初出ともいうが、この文書自体に疑義がもたれている。そのため、確実な資料としては、歌人・西行が康治年間 (1142年 – 1144年)、この地を訪れて詠んだ歌の詞書(『異本山家集』所収)に「中尊と申所」云々とあるのが初出だとされている。

「中尊」は「奥州の中心に位置する」の意と解釈されている。中尊寺貫主を務めた多田厚隆は、「中尊」とは『法華経』「序品」にある「人中尊」に由来するとした。しかし、「人中の尊」という意味の語から「人」字を省いたのでは意味をなさないとして、これに反対する見解もある。

ソース画像を表示
  • 広告

伽藍

陸羽街道国道4号) から月見坂と呼ばれる参道を登った丘陵上に諸堂が点在する。山内には中尊寺本坊のほか、17か院の子院がある(大徳院、地蔵院、瑠璃光院、願成就院、金剛院、積善院、薬樹王院、真珠院、法泉院、大長寿院、金色院、釈尊院、観音院、常住院、利生院、円教院、円乗院)。

  • 本堂

参道である月見坂を登った右手の中尊寺本坊内にある、中尊寺の本堂である。1909年 (明治42年)の建築。2013年3月24日、新本尊の丈六釈迦如来坐像の開眼法要が行われた。

  • 金色堂(国宝)

詳細は「中尊寺金色堂」を参照藤原清衡が建立した阿弥陀堂で、天治元年(1124年)の上棟。建物の内外を総金箔張りとすることからこの名がある。現在は鉄筋コンクリート造の覆堂内にある。

  • 金色堂旧覆堂(重文)

1962年、金色堂の解体修理工事が始まるまでの約500年間、金色堂を風雨から守ってきた堂で、1964年に100メートルほど北西の現在地に移築された。建築年代は室町時代中頃と推定される。

  • 経蔵(重文)

金色堂の近くにある。国宝の一切経を納めていた建物で、一部平安時代の古材が使用されているが、建築年代は鎌倉末期と推定されている。内部にはかつて国宝の螺鈿八角須弥壇が置かれ、壇上には獅子に乗った文殊菩薩像と従者4体からなる文殊五尊像(重文)を安置していた(現在は須弥壇、文殊五尊像ともに讃衡蔵へ移動)。

境内北方に位置する、中尊寺の鎮守・白山神社内に建つ。嘉永6年(1853年)に仙台藩によって再建されたもの。近世の能舞台遺構としては東日本唯一のものとされ、日本の芸能史上貴重な遺構として、2003年に重要文化財に指定されている。

  • 讃衡蔵(さんこうぞう)

中尊寺ほか山内寺院の文化財を収蔵・展示する施設。1955年に開館したが、現在の建物は開山1150年の2000年に新築されたもの。もと本坊本尊の木造阿弥陀如来坐像(重文、中尊寺蔵)、峰の薬師堂にあった木造薬師如来坐像(重文、願成就院蔵)、閼伽堂にあった木造薬師如来坐像(重文、金色院蔵)の3体の巨像をはじめ、多くの文化財を収蔵展示する。

ソース画像を表示
  • 広告

文化財

国宝

金色院所有)

  • 中尊寺金色堂(附:棟札4枚、納札1枚、旧組高欄6組、古材6点、旧飾金具2点)

(解説は別項「中尊寺金色堂」参照)

  • 金色堂堂内諸像及び天蓋 31躯、3面(附:木造阿弥陀如来坐像(右壇安置)、木造光背台座等残片一括)[16]
  • 金色堂堂内具(木造礼盤 1基、螺鈿平塵案 3基、磬架 1基(附 孔雀文磬 1面)、金銅幡頭 3枚、金銅華鬘 (迦陵頻伽文) 6枚)

大長寿院所有)

  • 紺紙金字一切経2,739巻(附 漆塗箱275合)

「中尊寺経」と通称される一切経には、初代清衡の発願になる「紺紙金銀交写経」(1行おきに金字と銀字で書写した経) と秀衡発願(寺伝では基衡発願)の「紺紙金字経」がある。前者は近世初頭にその大部分が寺外に流出し、中尊寺に残る金銀字経は15巻のみである。中尊寺旧蔵の金銀字経は、高野山金剛峯寺に4,296巻が所蔵され国宝に指定されているほか、大阪・観心寺、同・瀧安寺等にも分蔵されている。中尊寺所蔵の2,739巻のうち2,724巻は金字経である。各巻の見返し(巻頭部分)に金泥で描かれた絵は、平安時代の絵画資料としても貴重なものである。

  • 螺鈿八角須弥壇
  • 紺紙著色金光明最勝王経金字宝塔曼荼羅図 10幀(とう)
  • 中尊寺経蔵堂内具(木造礼盤 1基、螺鈿平塵案 1基、磬架 1基(附 孔雀文磬 1面)、螺鈿平塵燈台 1基)

地蔵院所有)

  • 孔雀文磬

(用語説明)

  • 礼盤(らいばん) – 導師の坐る台座。
  • 平塵(へいじん) – 漆工技法の一種。漆塗りの面にヤスリで卸した荒めの金粉をまばらに蒔き付け、装飾としたもの。平安時代以前に多く用いられた。
  • (あん) – 「つくえ」とも読む。仏事に使用する仏具などを置く台。
  • (けい) – 「へ」の字形の金属板で、導師の脇に吊るし、叩いて音を出す。「磬架」はこれを吊るすためのもの。
ソース画像を表示
ソース画像を表示

拝観について

  • 4/1~11/10 8:00~17:00 11/11~3/31 8:30~16:30
  • 拝観料 金色堂・讃衡蔵共通で800円

アクセス

所在地岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202
位置北緯39度0分5.5秒 東経141度6分9.8秒
山号関山(かんざん)
宗旨天台宗
寺格東北大本山
本尊釈迦如来(本堂本尊)
創建年(伝) 嘉祥3年(850年
開山(伝) 円仁(慈覚大師)
札所等奥州三十三観音番外札所
四寺廻廊札所
文化財金色堂、金色堂堂内諸像及び天蓋他(国宝)
金色堂旧覆堂他(重要文化財)
特別史跡
  • 広告

コメント