横手城(よこてじょう)は、秋田県横手市城山町にかつて存在した日本の城

横手城(よこてじょう)は、出羽国平鹿郡横手町(現・秋田県横手市城山町)にかつて存在した日本の城である。構造は山城朝倉城(あさくらじょう)や阿櫻城(あざくらじょう)とも呼ばれる。廃城後に城跡は横手公園として整備されており、模擬天守が建てられている。

  • 広告
ソース画像を表示

歴史・沿革

横手城の築城時期は、諸説ある。戦国時代には、小野寺配下の横手氏大和田氏金沢氏が横手城を拠点にして反抗したが、これは鎮圧されている。その後、小野寺氏は横手に本拠を移した。

土砂崩れの防止と斜面に敵兵が滑ってよじ登れないようにするために韮(ニラ)を植えたことにちなみ、韮城(にらじょう)とも呼ばれた。

関ヶ原の戦いの時、当時の城主であった小野寺義道は、上杉景勝に通じたことから徳川家康に西軍方とみなされたため、慶長6年(1601年)に改易され、一時的に最上氏の手に渡る。慶長7年(1602年)、久保田城佐竹義宣が転封されてくると横手城も佐竹氏の所有となり、城代が入れられた。城代には伊達盛重伊達宣宗に続いて須田盛秀が入り、寛文12年(1672年)に佐竹氏一門の戸村義連戸村義国の嫡孫)が入城して以降、代々「十太夫」を称す戸村氏の宗家(戸村十太夫家)が明治まで務めた。元和6年(1620年)、一国一城令によって久保田藩領でも支城が破却されたが、横手城を重要な拠点と考えた佐竹義宣が幕府に働きかけたため、破却を免れた。

元和8年(1622年)、当時の江戸幕府年寄下野宇都宮藩主の本多正純宇都宮城釣天井事件でこの地に流罪され、寛永14年3月10日1637年4月5日)に亡くなるまで過ごした。

江戸時代末期、戊辰戦争の際には、東北地方で佐竹氏は孤軍官軍側につく。陸奥仙台藩出羽庄内藩の軍勢が戸村大学(義効)の籠城する横手城を攻撃し、慶応4年8月11日1868年9月26日)の夕方に落城した。

明治4年(1871年)に廃城となり、明治12年(1879年)には戊辰戦争で戦死した22人の霊を慰めるため、焼け残った城の資材を再利用して本丸跡に秋田神社が建立された。

本来の横手城に天守はなかったが、太平洋戦争後の昭和40年(1965年)には郷土資料館と展望台を兼ねて二の丸跡に岡崎城をモデルに模擬天守が建設された。この天守は、東北地方における模擬天守の初見である。

ソース画像を表示
ソース画像を表示
  • 広告

遺構

  • 牛沼と蓬莱橋土塁
  • 本丸跡 – 「横手城 本丸跡」碑。奥に本丸表門の木材を利用して再建された秋田神社

復元建造物・関連施設など

  • 模擬天守 – 春には桜が咲き、冬には雪吊りがある。
  • 「お城山ご案内」 – 横手城を含めた周辺地図の案内板。春夏秋冬の写真もあり。

ライブカメラ

展望台に、旧・横手市の市街地を望む方向にライブカメラが設置されている。

ソース画像を表示

アクセス

鉄道東日本旅客鉄道(JR東日本) 奥羽本線北上線横手駅から徒歩約25分自動車秋田自動車道横手ICから約15分

別名朝倉城、阿櫻城、韮城
城郭構造山城
天守構造なし
複合式望楼型3重4階(1965年 RC造模擬)
築城主(小野寺氏)
築城年(不明)
主な改修者(戸村氏)
主な城主戸村氏
廃城年明治元年(1868年
遺構土塁
指定文化財なし
再建造物模擬天守
位置北緯39度19分15.82秒 東経140度34分9.22秒
  • 広告

コメント