高知城(こうちじょう)は、高知県高知市にある日本の城

高知城(こうちじょう)は、高知県高知市土佐国土佐郡高知)にある日本の城。別名鷹城(たかじょう)。

江戸時代には土佐藩藩庁が置かれた。江戸時代に建造された天守や本丸御殿(なお、天守と本丸御殿が両方現存しているのは高知城のみである)、追手門等が現存し(天守と追手門が両方現存している城は全国で弘前城丸亀城・高知城の3ヶ所)、城跡は国の史跡に指定されている。日本100名城に選定されている。

  • 広告
ソース画像を表示

概要

高知市のある高知平野のほぼ中心に位置する大高坂山(標高44.4m)上に築かれた梯郭式平山城で、山の南を流れる鏡川、北の江ノ口川をそれぞれ外堀として利用されていた。

戦国時代以前には大高坂山城(おおたかさかやまじょう/おおたかさやま-)または大高坂城と呼ばれる城が築かれていた。現在見られる城は、江戸時代初期に、土佐藩初代藩主・山内一豊によって着工され、2代忠義の時代に完成し、土佐藩庁が置かれた。3層6階の天守は、一豊の前任地であった掛川城の天守を模したといわれている。一豊により河中山城(こうちやまじょう)と名付けられたが、高智山城と名を変えたのち、現在の城名となった。

高知城は本丸の建造物が完全に残る唯一の城として知られている。明治6年(1873年)に発布された廃城令や、太平洋戦争による戦災を免れ、天守・御殿・追手門など15棟の建造物が現存し、国の重要文化財に指定されている。現在これらは高知県の所有物となっている。また、この15棟の現存建造物に加えて、土佐山内家宝物資料館に丑寅櫓の一部であると伝わる部材が収蔵されている。

城全域は高知公園として無料で開放されているが、天守および本丸御殿(別名、懐徳館)への入館は有料となっている。城の周辺には高知市役所高知県庁地方裁判所地方検察庁などの行政機関や司法機関が立ち並び、高知県の行政の中心地となっている(県庁舎のみ実質的には公園内にある)。

また、城内には一豊と妻の千代(見性院)、板垣退助の銅像が立つ。

ソース画像を表示

文化財

重要文化財

重要文化財指定は以下の15棟。

  • 天守
  • 懐徳館
  • 納戸蔵
  • 黒鉄門
  • 西多聞
  • 東多聞
  • 詰門
  • 廊下門
  • 追手門
  • 天守東南矢狭間塀
  • 天守西北矢狭間塀
  • 黒鉄門西北矢狭間塀
  • 黒鉄門東南矢狭間塀
  • 追手門西南矢狭間塀
  • 追手門東北矢狭間塀

追手門

  • 広告

黒鉄門

現地情報

所在地

アクセス

他、付近に多数所在

開館時間・料金

二ノ丸以下は終日立ち入り可能。高知城天守・ 懐徳館(本丸御殿)開館時間

  • 通常:9時 – 17時(入場は16時30分まで)
  • 休館日:12月26日~1月1日

料金

  • 18歳以上:420円、18歳未満:無料
  • 団体(20名以上):330円

利用情報

  • 日本100名城スタンプラリー スタンプ設置場所
    • 本丸御殿入口 (開館時のみ押印可)
ソース画像を表示
ソース画像を表示
別名鷹城
城郭構造梯郭式平山城
天守構造独立式望楼型 4重6階(1601年築・1747年再、現存)
築城主大高坂氏?
築城年南北朝時代14世紀頃)
主な改修者長宗我部元親山内一豊山内豊敷
主な城主山内氏
廃城年1871年明治4年)
遺構現存天守・御殿・櫓・門
石垣、堀、鐘撞堂
指定文化財重要文化財(天守など15棟)
国の史跡
位置北緯33度33分38.53秒 東経133度31分53.54秒
  • 広告

コメント