徳島城(とくしまじょう)は、徳島県徳島市徳島町にあった日本の城

徳島城(とくしまじょう)は、徳島県徳島市徳島町にあった日本の城。城跡は国指定の史跡名勝表御殿庭園)になっている。

  • 広告
ソース画像を表示

概要

徳島城はJR徳島駅の北側にあり、徳島市の中心部に位置する。

吉野川河口付近の中洲に位置する標高61メートルの城山に築かれた山城と城山の周囲の平城からなる、連郭式平山城である。

ソース画像を表示

歴史・沿革

渭山城・寺島城

この地は鎌倉時代より伊予国地頭河野氏が支配していた。室町時代1385年至徳2年)に細川頼之四国地方にあった南朝方の勢力を討ち、現在の城地の城山に小城を築いた。頼之は助任川の風光を中国の渭水に例え、この地を渭津、山を渭山と名付けたとされ、または富田庄(のちの徳島)の地頭として来任した河野通純1272年文永9年)に築いたともされる。渭山の名についても、西から見た姿がイノシシに似るため猪山と呼んだという説もある。

城跡記』は徳島城築城について「渭山寺島両城を合して一城となす」と記す。寺島城は平地にあった城で、文献は寺島の西端(現 郷土文化会館付近)とするが、発掘調査ではのちの花畑(現 市立体育館付近)の可能性が示唆される。

徳島城

戦国時代になると、阿波の地は群雄が割拠し、しばしば城主が入れ替わった。1582年天正10年)には土佐国長宗我部元親が侵攻し阿波が平定された。

1585年(天正13年)、豊臣秀吉四国征伐に勲功のあった蜂須賀家政(蜂須賀正勝の子)が阿波1国18万6000を賜った。入封当初は徳島市西部にあった一宮城に入城したが、入封早々に現在の地に大規模な平山城を築造し、1年半後の1586年(天正14年)完成した。以後、大坂の陣の戦功等により淡路7万1千の加増がされ、江戸時代を通して徳島藩蜂須賀氏25万石7千の居城となり、明治維新を迎える。

ソース画像を表示

廃城後

1873年明治6年)に発布された廃城令により存城処分となり、1875年(明治8年)には鷲之門を除く御三階櫓以下、城内のすべての建築物が撤去された。1905年(明治38年)の日露戦争の戦勝を記念して、城跡の大半が1906年徳島公園(現 徳島中央公園)として開設され、1910年一般に開放された。

ただし、旧御花畠は幕末練兵場1889年より徳島監獄署(現 徳島刑務所)が置かれ、公園からは除かれた。その後、公園の範囲は多少変動し、現在はかつての城内のうち御花畠の西半分(現 合同庁舎・民有地)、西の丸の大半(現 内町小学校)、三木郭の南部(現 文化センター)が公園に含まれない。

1941年昭和16年)には表御殿庭園が国の名勝に指定された。明治以降の城地は石垣と堀、庭園、鷲之門のみが残った。

1945年昭和20年)7月4日徳島大空襲により、城跡内のほとんどの建物と共に唯一現存していた鷲之門も焼失した。

1989年平成元年)、鷲之門が復元された。

2006年(平成18年)4月6日、日本100名城(76番)に選定された。

  • 広告
ソース画像を表示

天守

創建当時の天守元和年間(1615年–1624年)に取り壊されたといわれており[3]、まもなく、城山の中腹にある東二の丸に天守代用の御三階櫓が構えられた。

東二の丸天守は、天守破却後に天守の代用として建てられた、当時は御三階櫓と呼ばれていたものである。なぜ、二の丸に建てられたのかは定かではなく、景観バランスを整えるためであるとか城の防備上の都合によるものなどが考えられている。1873年(明治6年)の廃城令の発布により撤去された。

3重3階建てで、櫓台はなく初重平面形は正方形である。下から7間四方・5間四方3間四方といった具合の層塔型の特徴である一定の逓減率があるが、外観は望楼型といういわゆる復古型などと呼ばれるものである。外観意匠は、全面下見板張破風は3重目の入母屋破風のほかに1重目の向唐破風と大入母屋破風が付けられていた。 

ソース画像を表示
ソース画像を表示
別名渭山城、渭津城
城郭構造梯郭式平山城
天守構造不明(1588年・非現存)
東二の丸御三階櫓(1615年以降)
築城主蜂須賀家政
築城年天正13年(1585年
主な城主蜂須賀氏
廃城年明治2年(1869年
遺構石垣、堀、庭園
指定文化財国の史跡、国の名勝(表御殿庭園)
再建造物鷲の門
位置北緯34度4分30.69秒 東経134度33分18.99秒
  • 広告

コメント