一乗寺(いちじょうじ)は、兵庫県加西市にある天台宗の寺院

一乗寺(いちじょうじ)は、兵庫県加西市にある天台宗寺院山号は法華山、本尊聖観音菩薩西国三十三所第26番札所。国宝三重塔平安時代後期を代表する和様建築の塔であり、国内屈指の古塔である。境内は、春は桜、秋は紅葉の名所としても知られている。中世には山内に真言律宗の有力律院も併設されており、宗祖の興正菩薩叡尊播磨国(兵庫県)での布教活動の拠点とした他、真言律宗出身の真言僧後醍醐天皇の腹心だった文観房弘真が仏門に入った地でもある。

本尊真言:おん あろりきゃ そわか

ご詠歌:春は花夏は橘秋は菊 いつも妙(たえ)なる法(のり)の華山(はなやま)

  • 広告
Ichijoji Kasai29s5s3200.jpg

一乗寺本堂「大悲閣」

歴史

一乗寺を開山したとされる法道仙人は、天竺インド)から紫の雲に乗って飛来したとされる伝説的人物である。『元亨釈書』等の記述によれば、法道はインドに住んでいたが、紫の雲に乗って中国百済を経て日本へ飛来、播州賀茂郡(兵庫県加西市)に八葉蓮華(8枚の花弁をもつハスの花)の形をした霊山を見出したので、そこへ降り立ち、法華経の霊山という意味で「法華山」と号したという。法道は神通力で鉢を飛ばし、米などの供物を得ていたため、「空鉢仙人」と呼ばれていた。法道の評判は都へも広まり、白雉元年(650年)、時の帝である孝徳天皇の勅命により法道に建てさせたのが一乗寺であるという。

三重塔 (国宝

  • 広告

一乗寺は中世、近世には何度かの火災に遭っているが、平安時代の三重塔をはじめとする古建築がよく保存されている。本堂は姫路藩本多忠政の寄進により、寛永5年(1628年)に建てられたものである。

境内

山間に位置する境内は長い石段が続き、数段に分けて整地されている。バス通りに面した境内入口には山門はなく、正面に石造笠塔婆(県指定文化財)が立つ。その左方には宝物館(平素は非公開)と本坊の地蔵院がある。右方は公園風に整備され、太子堂、放生池、やや奥まったところに見子大明神の社がある。

境内入口から最初の石段を上った狭い平地の左手に常行堂があり、次の石段を上ると左手に国宝の三重塔、右手に法輪堂(経蔵)がある。三重塔の直上、さらに階段を上った位置に懸崖造の本堂が建つ。このため、本堂の縁に立つと三重塔を見下ろすことができる。本堂裏手には鎮守社の護法堂、妙見堂、弁天堂(以上重要文化財)、行者堂があり、本堂からさらに200メートルほど登ったところに法道仙人を祀る奥の院開山堂が建つ。

弁天堂(左)と妙見堂(ともに重要文化財)

護法堂(重要文化財)

  • 広告

文化財

国宝

  • 三重塔 – 解説は前出。
  • 絹本著色聖徳太子及び天台高僧像 10幅 – 平安時代、11世紀後半頃の作。各図とも縦125.6〜131.6 cm、横74.7〜75.8 cm[11]龍樹善無畏(以上インド)、慧文慧思(南嶽大師)、智顗(天台大師)、灌頂湛然(以上中国)、最澄円仁(以上日本)の高僧像に聖徳太子像を加えて10幅としたもの。聖徳太子は天台宗で重視する法華経の信奉者であったことに加え、慧思(南嶽大師)の生まれ変わりとする伝承があることから加えられたものとみられる。ただし、元々10幅構成だったのか、更に多数幅だったのが失われて現状のように成ったのかは判然としない。各像とも人物が画面一杯に大きく表され、着衣などに暖色系を中心とした彩色が鮮やかで、立像・坐像、正面向き・斜め向き、横向きなど、変化に富む点が特色である。着衣の文様は彩色のみで表され、持物などに金銀を裏箔で使い截金を一切用いないのは古様である。部分的に補絹・補筆・補彩がされているものの、平安時代に作られたことを考えれば普通で、むしろよく当初の状態を保っており、しかも10幅がまとまって残っているのは極めて貴重である。慧文像と灌頂像の画中短冊形にそれぞれ「法華寺 第三」「法華寺 第六」と記されていることから、平安時代後期には法華寺すなわち現在の一乗寺に制作当初から伝来した可能性が高い。善無畏像と慧文像は東京国立博物館、灌頂像は大阪市立美術館、他の7幅は奈良国立博物館に、それぞれ寄託されている。

最澄像(聖徳太子及び天台高僧像10幅のうち)平安時代(11世紀)

所在と交通

〒675-2222 兵庫県加西市坂本町821-17

ソース画像を表示
  • 広告

コメント