清水寺(きよみずでら)は、京都市東山区清水にある北法相宗の大本山

清水寺(きよみずでら)は、京都市東山区清水にある北法相宗の大本山山号は音羽山。正式には音羽山清水寺(おんわさんきよみずでら)と号する。本尊は十一面千手観世音菩薩。もとは法相宗に属していたが、現在は独立して北法相宗を名乗る。西国三十三所第16番札所。

  • 広告
ソース画像を表示

概要

清水寺は法相宗(南都六宗の1つ)系の寺院で、広隆寺鞍馬寺とともに、平安京遷都以前からの歴史をもつ京都では数少ない寺院の1つである。また、石山寺滋賀県大津市)、長谷寺奈良県桜井市)などと並び、日本でも有数の観音霊場であり、鹿苑寺(金閣寺)、嵐山などと並ぶ京都市内でも有数の観光地として有名であり、季節を問わず多くの参詣者が訪れる。また、修学旅行で多くの学生が訪れる。古都京都の文化財としてユネスコ世界遺産に登録されている。

清水寺の宗旨は、当初は法相宗で、平安時代中期からは真言宗を兼宗していた。明治時代初期に一時真言宗醍醐派に属するが、1885年(明治18年)に法相宗に復す。1965年昭和40年)に住職であった大西良慶が北法相宗を立宗して法相宗から独立した。

ソース画像を表示

歴史

創建伝承

清水寺の創建については、『群書類従』所収の藤原明衡撰の『清水寺縁起』、永正17年(1520年)制作の『清水寺縁起絵巻』(東京国立博物館)『今昔物語集』、『扶桑略記』の延暦17年(798年)記などにも清水寺草創伝承が載せられている。これらによれば、草創縁起は大略次の通りである。

宝亀9年(778年)に、大和国興福寺の僧で当時子島寺奈良県高市郡高取町に現存)で修行していた賢心(後に延鎮と改名)は、のお告げで北へ向かい、山城国愛宕郡八坂郷の東山、今の清水寺の地である音羽山に至った。金色の水流を見出した賢心がその源をたどっていくと、そこにはこの山に篭って滝行を行い、千手観音を念じ続けている行叡居士(ぎょうえいこじ)という白衣の修行者がいた。年齢200歳になるという行叡居士は賢心に「私はあなたが来るのを長年待っていた。自分はこれから東国へ旅立つので、後を頼む」といい残して去っていった。行叡は観音化身であったと悟った賢心は、行叡が残していった霊木に千手観音像を刻み、行叡の旧庵に安置した。これが清水寺の始まりであるという。

その2年後の宝亀11年(780年)、鹿を捕えようとして音羽山に入り込んだ坂上田村麻呂758年 – 811年)は、修行中の賢心に出会った。田村麻呂は妻の高子の病気平癒の為、薬になる鹿の生き血を求めてこの山に来たのであるが、延鎮より殺生の罪を説かれ、観音に帰依して観音像を祀るために自邸を本堂として寄進したという。後に征夷大将軍となり、東国の蝦夷平定を命じられた田村麻呂は、自身が建立した清水寺に平定参拝をしたという。その後、若武者と老僧(観音の使者である毘沙門天地蔵菩薩の化身)の加勢を得て戦いに勝利し、無事に都に帰ることができた。延暦17年(798年)、田村麻呂は延鎮(御賢心改め)と協力して本堂を大規模に改築し、観音像の脇侍として毘沙門天と地蔵菩薩の像を造り、共に祀ったという。以上の縁起により、清水寺では行叡を元祖、延鎮を開山、田村麻呂を本願と位置づけている。

  • 広告
ソース画像を表示
ソース画像を表示

文化財

国宝

  • 本堂 附:厨子3基

文化財保護法第2条に基づき、建物とともに清水寺境内地も1993年(平成5年)9月1日付けで国宝に追加指定されている。

重要文化財(建造物)

  • 清水寺(建造物)15棟
    • 仁王門
    • 馬駐
    • 西門
    • 三重塔
    • 鐘楼
    • 経堂
    • 田村堂 附:厨子1基
    • 朝倉堂 附:厨子1基
    • 鎮守堂(春日社)
    • 本坊北総門
    • 轟門
    • 釈迦堂
    • 阿弥陀堂
    • 奥の院 附:厨子1基
    • 子安塔
  • 広告 Jobマ!

アクセス

  • 京阪電気鉄道京阪本線清水五条駅」下車徒歩約22分、または「祇園四条駅」下車徒歩約25分
  • 「清水道」または「五条坂」バス停(京都市営バス8086急行100急行106急行110202206207号系統、京阪バス83・83A・84・84C・85・85A・86・86A・86B・87・87A・87B・88・88B・88C系統)下車徒歩約10分。
  • 最寄りバス停は「五条坂」から五条坂経由、又は「清水道」から清水坂経由で行くのが近いが、五条坂は観光バスの通行が多く、清水坂(松原通)も五条坂との合流点まではタクシーや一般車の通行が多い。少し遠回りになるが、清水道バス停からすぐ北側の信号を東側に曲がる八坂通を通行したほうが車も少なく、法観寺の八坂の塔を見ながらの石畳道で風情があるのだが、京都駅方面からのバスは五条坂バス停で清水寺方面の乗客の下車を促す案内放送をあえて流す。これは五条坂から乗車する乗客も多いため、五条坂と清水道の両バス停間のバスの混雑を避ける措置である。
ソース画像を表示
所在地京都府京都市東山区清水1丁目294
位置北緯34度59分41.39秒 東経135度47分6.01秒
山号音羽山
宗派北法相宗
1965年までは法相宗
寺格大本山
本尊十一面千手観世音菩薩(秘仏)
創建年伝・宝亀9年(778年
開山伝・延鎮
正式名音羽山 清水寺
札所等西国三十三所第16番
法然上人二十五霊場第13番
洛陽三十三所観音霊場第10 – 14番
洛陽六阿弥陀めぐり第3番
神仏霊場巡拝の道第117番(京都第37番)
文化財本堂(国宝
仁王門、三重塔、鐘楼ほか(重要文化財
世界遺産
  • 広告

コメント