川越(かわごえ)は、武蔵国入間郡の地名

川越(かわごえ)は、武蔵国入間郡の地名。中世には河越とも表記されたが、現在は埼玉県川越で統一されている。

城下町として栄え、古くから小江戸と称された。古くからの「川越」は現在の川越市の中心部にあたり、旧町字名では「大字川越」とも呼ばれた。また現在の川越市東部にも大字川越が存在する。

  • 広告

概要

現在の川越市の中心部にあたる旧川越藩川越城下17町と呼ばれた「大字川越」について述べる。川越市全体については川越市を参照のこと。

天正18年(1590年)、川越藩が立藩、寛永16年(1639年)に老中首座の松平信綱島原の乱鎮圧の功で川越藩主に栄転する。「知恵伊豆」と呼ばれた信綱は、十ヵ町四門前町(じっかちょうしもんぜんまち)という川越城下の町割を行った。これにさらに郷分や城付を設けた。

信綱によって城の表玄関として西大手門と南大手門が作られ、西大手門を基点に南方に川越街道が江戸まで伸びた。西大手門から西へ進む大通りの先には高札場である「札の辻」が設けられた。ここを軸に縦二十三条、横七十八条の概ね碁盤の目状に町割がなされた。また、袋小路、鉤の手、七曲り、丁字路など城下町特有の街路が作られた。札の辻を中心とした一帯が城下の商人地区である上五ヶ町であった。町屋は概ね間口数間、奥行15間から20間の短冊型に区切られた。上五ヶ町に隣接して職人町の下五ヶ町があった。さらに養寿院蓮馨寺、行伝寺、妙養寺が4つの門前町を形成した。

この上五ヶ町と下五ヶ町は川越まつりなど祭礼では交替で町行司を出し、各町名主の上に町年寄りなどを選出して町政を行った。大正11年(1922年)12月1日に埼玉県で最初に市制を施行した川越の中心部であり、市制前の旧町字名では「大字川越」と包括された。

ソース画像を表示

主な文化財

重伝地区

重伝地区以外

  • 広告
ソース画像を表示
ソース画像を表示

川越まつり

400年近くの歴史と伝統を誇る、川越氷川神社の祭礼である。精巧な人形を乗せた豪華な山車が、蔵造りの町並みを威風堂々と練り歩く様は圧巻の一言。最大の見どころは、向かい合う山車が囃子で競い合う「曳っかわせ」。夜の曳っかわせでは、曳き方衆が提灯を高く掲げて乱舞し、一番の盛り上がりを見せる。

ソース画像を表示
  • 広告

コメント