【恋人の聖地】足利織姫神社|日本夜景遺産にも認定された縁結びの神 | 日本の歴史と美景

【恋人の聖地】足利織姫神社|日本夜景遺産にも認定された縁結びの神

Ashikaga Orihime Shrine Shaden 1.JPG

ほぼ群馬の栃木県足利市に鎮座する足利織姫神社
朱色の拝殿が映え、美しい姿を見せてくれます。縁結びの神様として崇められ、多くの参拝客が足を運ぶ人気のパワースポット恋人の聖地でもあり、年間を通じて夜はライトアップも施される足利織姫神社をご紹介します。

  • 広告

概要

1200年以上の伝統と歴史をもつ足利織物の守り神であり織姫山の中腹に建つ朱塗りの美しい神殿は足利名勝のひとつともなっている。古墳跡もある。

1705年(宝永2年)に土地住民により創建された。のちに通4丁目の八雲神社の境内社としてまつられた。そして織姫神社は1879年(明治12年)8月24日に通4丁目の八雲神社[注釈 1]から織姫山に遷座されたが、1880年(明治13年)9月10日に火災により焼失した。しばらく仮宮のままであったが、1934年(昭和9年)に再建事業を開始し、1937年(昭和12年)に現在の社殿が完成した。平等院鳳凰堂をモデルとしたという。

織姫神社は一時衰退したが、平成期になってから林吉郎によって再興された。

祭神は天御鉾命と八千々姫命である。

神社造営碑は幅2.7メートル、高さ7.5メートルで題額は金子堅太郎、撰文は徳富蘇峰、書は書家の岩澤亮弌の手による。

2004年(平成16年)6月9日に社殿・神楽殿・社務所・手水舎が登録有形文化財に登録された[1][2]

2010年(平成22年)7月より織姫神社と同市内の門田稲荷神社(下野國一社八幡宮境内社)を中心にあしかがひめたまという萌えおこしが行われている。 縁結びにご利益があるとされ、2014年(平成26年)に恋人の聖地に選定された。

2014年7月に織姫神社入口歩道橋下に「ひめちゃんひろば」という休憩所、案内所が建設された。地域の個人が足利市活性化のために土地を購入、足利元気隊/いいねこ。のみせ(同市内の民間団体)が同所を管理し織姫神社への観光客や地域住民の休憩所となっている。また同月、隣接する織姫公園とともに日本夜景遺産の認定を受けた。2017年、月の風景が一般社団法人「夜景観光コンベンション・ビューロー」の選ぶ「日本百名月」に認定された。

ソース画像を表示

足利織姫神社には縁結びの御神徳があると言われています。恋愛など男女の縁を初め人・健康・知恵・人生・学業。仕事そして経営などとの御縁も賜れます。

ソース画像を表示

足利織姫神社には一の鳥居から229段の階段を登る男坂7色の鳥居がある女坂がありこの坂を通って参拝するとより一層の御加護が授かれると言われています。

ソース画像を表示
ソース画像を表示
栃木県足利市 足利織姫神社 御朱印 日本夜景遺産

足腰に自信のある方は男坂・女坂を使って参拝してみてくださいね。ちなみに行きは男坂、帰りは女坂というコースがオススメです。

  • 広告 Jobマ!
栃木県足利市 足利織姫神社 御朱印 日本夜景遺産

2014年、織姫神社は縁結びや産業振興の神様であることから恋人の聖地に認定愛の鐘が設置されました。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

交通

所在地栃木県足利市西宮町3889番地
位置北緯36度20分41秒 東経139度26分38秒座標
主祭神天御鉾命
八千々姫命
社格無格社
創建宝永2年(1705年
例祭5月5日11月3日
  • 広告

コメント