最上川(もがみがわ)は、山形県を流れる一級河川最上川水系の本川

最上川(もがみがわ)は、山形県を流れる一級河川最上川水系本川。流路延長229kmは、一つの都府県のみを流域とする河川としては日本国内最長である。流域面積は7,040km2で、山形県の面積の約75%にあたる。日本三大急流の一つである。

Tozawa Mogami Gorge Of Mogami River 1.JPG
  • 広告

地理

山形県米沢市福島県との境にある吾妻山付近に源を発し、山形県中央部を北に流れる。新庄市付近で西に向きを変え酒田市日本海に注ぐ。一つの県(山形県)で源流から河口まで流れる。

かつては河川舟運の道として利用され、内陸部の紅花が、酒田港を経て主に上方関西地方)に運ばれた。また上方から運ばれたと見られる雛人形が流域の旧家に多く残されている。なお、最上川舟運の難所(碁点、隼、三ヶの瀬)は、村山市にある。これを「最上川三難所」と呼ばれている。

ソース画像を表示

今後の最上川

最上川水系では前述の治水・利水事業によって水害の減少と飛躍的な農業基盤整備が図られた。治水事業として置賜野川に長井ダムが建設された他、現在は「三難所」と呼ばれた村山市大淀地点の最上川に大淀分水路の建設を行っている。この地点はヘアピン状の極端な蛇行部位となっており、洪水流下の大きな阻害要因となっていた。国土交通省は蛇行部の半島部位を貫くトンネルを建設して洪水時にはまっすぐ流下させることで村山市内の湛水被害を軽減させようとしている。このほか堤防がまだ建設されていない部位の早期整備や山形市内での鉄道橋架け替えなどで、洪水時にスムーズな流下を促し市街地への浸水被害を防止しようとしている。

だが公共事業見直しの機運の中で、最上小国川に建設が予定されている最上小国川ダムについて、ダム建設の是非を巡る論争が続けられている。最上小国川ダムは洪水調節のみを目的とする県営ダムで、平常時には水を貯水しない「穴あきダム」であるが水没住民や一部の流域住民から建設反対の声が上がっており、現在事業者である山形県と折衝を続けている。2006年(平成18年)には全国のダム反対運動に関わっている天野礼子らが反対運動に加わり、「ダム建設撤回」を要求している。ダム問題について影響力の大きい天野の参入によりダム事業の転換が期待される一方で、流域に全く関わりのない人間の介入によりダム事業の長期化、治水事業遅延に対して危惧する意見もある。

一方で、国土交通省は、ダムや堤防に、雨水貯留や居住のあり方の見直しなどを組み合わせた「流域治水」を推進する方針を2020年7月に決定。最上川でも同年9月、国と山形県、流域市町村により「最上川流域治水協議会」が設立された[7]

最上川は『奥の細道』でも詠まれるなど古くから全国的に有名な河川の一つであり、最上峡の川下りを始め多くの観光客が訪れる。このため河川開発についても環境保全と景観保護が重要視され、堤防建設においても「桜堤」を各所に設け春にはサクラと最上川の美しい景色を創る事を国土交通省は『最上川水系河川整備計画』に盛り込んでいる。大淀分水路にしても、付近一帯が景勝地である事から環境改変を最小限に抑える事を大前提とした事業計画となっている。今後はより環境に配慮した河川開発が推進されるものと見られている。

長井ダム

  • 広告

災害史

  • 1967年8月 – 前線低気圧の影響で上流部を中心に洪水が発生(羽越豪雨)。死者8名、負傷者137名、全壊流失167戸、半壊床上浸水10,818戸、床下浸水11,066戸、農地浸水10,849ha、宅地等浸水2,330haの被害(激甚災害に指定)。
  • 1969年8月 – 低気圧の影響で中・下流部を中心に洪水が発生。
  • 1975年8月 – 寒冷前線の影響で洪水が発生(真室川災害)。死者5名、負傷者28名、家屋全半壊15戸、床上下浸水788戸、農地浸水2,814ha、宅地等浸水593haの被害(激甚災害に指定)。
  • 2020年7月 – 梅雨前線や低気圧の影響で氾濫が発生。
ソース画像を表示

俳句

俳句備考
五月雨を あつめて早し 最上川おくのほそ道松尾芭蕉大石田にて)
暑き日を 海にいれたり 最上川『おくのほそ道』松尾芭蕉(酒田にて)
ソース画像を表示

歌川広重『最上川月山遠望』 国立国会図書館蔵

水系一級水系 最上川
種別一級河川
延長229 km
平均流量437 m³/s
(高屋観測所1959年~2002年)
流域面積7,040 km²
水源吾妻山米沢市
水源の標高2,024 m
河口・合流先日本海酒田市
流域 日本 山形県
  • 広告

コメント