宇和島城(うわじまじょう)は、四国の愛媛県宇和島市丸之内にあった日本の城 | 日本の歴史と美景

宇和島城(うわじまじょう)は、四国の愛媛県宇和島市丸之内にあった日本の城

宇和島城(うわじまじょう)は、四国愛媛県宇和島市丸之内にあった日本の城である。江戸時代宇和島藩の藩庁となった。城跡は国の史跡に指定されている(1937年(昭和12年)指定)。別名は鶴島城。

ソース画像を表示
  • 広告

概要

宇和島城は、中世期にあった板島丸串城の跡に藤堂高虎によって築かれた近世城郭である。標高74メートル(80メートルとも)の丘陵とその一帯に山頂の本丸を中心に囲むように二ノ丸と帯曲輪、その北に藤兵衛丸、西側中腹に代右衛門丸、藤兵衛丸の北側一段低い所に長門丸を配置し、東側の中腹に井戸丸、麓の北東に三ノ丸、内堀で隔てて侍屋敷が置かれた外郭を廻らせる梯郭式の平山城となっており、各曲輪が山上部に散在している中世的な縄張りを色濃く残しながらも、山麓部には追手門や搦手門のように内枡形や喰違虎口といった近世城郭的な縄張りももつ。東側に海水を引き込んだ水堀、西側半分が海に接しているので「海城(水城)」でもある。

現在見られる、天守などの建築は宇和島伊達家によるものであるが、縄張そのものは築城の名手といわれた藤堂高虎の創建した当時の形が活用されたと見られている。外堀などの外郭ラインが五角形となる縄張りは、幕府隠密江戸に送った密書(『讃岐伊予土佐阿波探索書』)には「四方の間、合わせて十四町」と誤って記され、この史実から高虎の巧みな設計として「空角の経始(あきかくのなわ)」の伝説が生まれたとされる。

宇和島城には本丸天守から、原生林の中を抜ける間道が数本あり、西海岸の舟小屋、北西海岸の隠し水軍の基地などに通じていた。宇和島城には、間道、隠し水軍などの優れた高虎の築城術の秘法が、見事に生かされた城だったのである。

城を囲む五角形の堀は、高虎の後の大名にも代々受け継がれ、三大海城の一つと謳われたが、現在は堀も海も埋め立てられており、その面影は大きく失われている。明治以降は大半の建物が撤去され、城郭は戦後「城山公園」として整備された。建物は天守、追手門などが残されたが、太平洋戦争中の空襲により追手門を焼失して現在は、天守重要文化財)と上り立ち門(市指定文化財)、石垣と山里倉庫(城山郷土館)が現存する。

ソース画像を表示

遺構

天守

当初、高虎による複合式望楼型の三重天守が上がっていたが、寛文2年(1662年)から寛文11年(1671年)に2代目藩主伊達宗利によって行われた改修の際に修築の名目で現在の独立式層塔型3重3階に建て替えられた。

上り立ち門

武家の正門とされる薬医門形式であり、城山南側の搦手道口に位置している。、国内に現存する薬医門としては最大クラスの規模を誇る。創建年代の特定には至っていないものの、鏡柱・冠木は五平とし、内冠木には瓜剥丸太を使用している。そして二段の貫を有するといった古形式の特徴が見られる。また、控柱の科学的年代分析により永享2年 – 享禄3年(1430年 – 1530年)以後に伐採された栂であることが判明しており、創建が慶長元年 – 6年(1596年 – 1601年)の藤堂修築期まで遡る現存最古クラスの可能性を秘めている。市指定有形文化財。

ソース画像を表示
  • 広告

構造

正徳1年(1711年)幕府に提出した絵図の控え「伊予国宇和島城絵図」にみる建物配置

本丸

天守がおかれ、塁上に二重櫓の御弓櫓・轆轤櫓・櫛形門南角櫓と平櫓の御休息所櫓・御鉄砲櫓・右髪櫓・櫛形門北角櫓がおかれた。本丸への唯一の門として櫛形門があった。櫓門の形状であるが櫛形窓をもっていたため櫛形門とよばれていた。

二の丸

二重櫓の御算用櫓。平櫓の御書物櫓・太鼓櫓

帯曲輪

二の丸から本丸を取り囲む曲輪

代右衛門丸

藤堂高虎の家臣矢倉代右衛門が造成または管理した曲輪と考えられている。平櫓2基。

式部丸

虎口や城門がなく、山上の曲輪であるものの櫓も認められないため、宇和島伊達家により造成された曲輪と考えられている。

井戸丸

平櫓1基

藤兵衛丸

藤堂高虎によるものとされる高さ13mの野面積の石垣が残る。築城当時は国内最高クラスの高さであったと伝わる。伊達家より譲渡された三の丸に建てられた武器庫を移築し、城山郷土館として一般公開している。

長門丸

二重櫓2基・平櫓2基・多門櫓1基。現在は児童公園として整備されている。昭和60年代までは猿を飼育していた。

三の丸

山麓の北東部にあり藩主の御殿がおかれていた。二重櫓の潮見櫓・月見櫓、平櫓1基

外郭塁線上

二重櫓2基と平櫓7基をおいていた。

場外への門

追手門・搦手門・黒門・矢筈門。黒門と矢筈門は直接海に面しており、大規模な舟入はもたないが、海を利用した枡形を設けていた。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

現地情報

交通

料金

  • 大人:200円

利用情報

  • 日本100名城スタンプラリー スタンプ設置場所:宇和島城天守
  • 藤兵衛丸には宇和島市立城山郷土館がある。建物は山里倉庫(武器庫)を移築したもの。
  • 上り立ち門の前には宇和島出身の児島惟謙の銅像がある。
ソース画像を表示
別名鶴島城、板島丸串城(旧称)
城郭構造梯郭式平山城
天守構造複合式望楼型3重3階(慶長6年(1601年)築、非現存)
独立式層塔型 3重3階(寛文11年(1671年)再、現存)
築城主藤堂高虎
築城年慶長元年(1596年
主な改修者藤堂高虎伊達宗利
主な城主西園寺氏戸田氏富田氏藤堂氏伊達氏
廃城年明治4年(1871年
遺構現存天守・門、石垣
指定文化財重要文化財(天守)
国の史跡
宇和島市指定有形文化財(上り立ち門)
  • 広告

コメント