生野銀山(いくのぎんざん)は、兵庫県朝来市に開かれていた戦国時代から近代にかけての日本有数の銀山

生野銀山(いくのぎんざん)は、兵庫県朝来市但馬国)に開かれていた戦国時代から近代にかけての日本有数の銀山である。

明治新政府が日本の鉱業(鉱山・製鉱所)の近代化を確立するために最初に官営(直轄)鉱山とした模範鉱山である。

  • 広告
Ikuno mine.jpg

生野鉱山 明治時代

歴史

戦国時代

生野銀山は平安時代初期の大同2年(807年)の開坑と伝えられるが、詳細は不明。天文11年(1542年)、但馬国守護大名山名祐豊により、石見銀山から採掘・精錬技術を導入し、本格的な採掘が始まった。

織田信長豊臣秀吉徳川家康といった時の権力者は直轄地とし、佐渡金山越後)、石見銀山(石見)とともに重要な財源とした。

江戸時代

江戸時代に入ると生野奉行が置かれ、第三代将軍・家光の頃に最盛期を迎え、月産150貫(約562kg)のを産出した。宝永2年(1705年)には、「御所務山(ごしょむやま)」という最上級の鉱山に指定されている。

慶安年間(1648年 – 1652年)頃より銀産出が衰退し、享保元年(1716年)には生野奉行は生野代官と改称した。江戸中期には銀に換わり、の産出が激増している。

戦前

明治元年(1868年)から日本初の政府直轄運営鉱山となり、鉱山長・朝倉盛明を筆頭として、お雇いフランス人技師長ジャン・フランシスク・コワニエらの助力を得て、先進技術を導入し近代化が進められた。

明治22年(1889年)から宮内省所管の皇室財産となり、明治29年(1896年)に三菱合資会社に払下げられ、国内有数の鉱山となった。

戦後

昭和48年(1973年3月22日、資源減少による鉱石の品質の悪化、坑道延長が長くなり採掘コストが増加し、山ハネなどにより採掘が危険となったことから閉山し1200年の歴史に幕を閉じた。坑道の総延長は350km以上、深さは880mの深部にまで達している。

なお、閉山後は三菱鉱業(現・三菱マテリアル)が引き続き銀山周辺に生野事業所を設置し、現在も生野の主要産業となっている。

坑道

史跡 生野銀山

閉山後の1974年に、史跡 生野銀山三菱マテリアル朝来市が出資する第三セクター会社、シルバー生野が管理・運営)という名称でテーマパークを開業した。のみの跡も生々しい坑道巡りのほか、鉱山資料館には「和田コレクション(和田維四郎)」をはじめとした多数の貴重な鉱物が展示されている。

2007年に近代化産業遺産、および日本の地質百選に選定された。

施設

  • 金香瀬(かながせ)旧坑露頭群
  • 観光坑道(金香瀬坑) – 金香瀬本坑、滝間歩坑道、慶寿ひ坑道、大丸ひ坑道(「ひ」の漢字は金偏に「通」)
  • 鉱山資料館
  • 生野銀山文化ミュージアム(生野鉱物館2階):別料金
  • 生野鉱物館
  • 吹屋資料館
  • 代官所門
  • 不動滝
  • 観音岩
  • レストハウス・お土産館
  • 銀山食堂
  • 石影の広場
  • 一円電車
  • 広告

入場料

  • 大人・中高生・小学生・小学生未満に分類される。大人900円、中高生600円、小学生400円、小学生未満は無料。
  • 団体料金(15名以上・30名以上)

ただし、生野銀山文化ミュージアムの場合は別途100円が必要。

休館日

  • 12月 – 2月の3か月のみ毎週火曜日(火曜日が祝祭日の場合、翌日に振替)
  • 年末年始(12月29日から1月2日まで)
鉱山資料館

鉱山資料館

アクセス

所在地兵庫県朝来郡生野町(現:朝来市
 日本
座標北緯35度10分18.04秒 東経134度49分10.74秒座標
生産
産出物
最深880m
歴史
開山807年
採掘期間約1,200年
閉山1973年3月22日
所有者
企業三菱合資会社
三菱鉱業株式会社
取得時期1896年
  • 広告

コメント